TOP

ジジさんからのコメント紹介「自制心が育まれる小さな経験」

自制心が育まれる小さな経験の記事にあそびの心理研究所のジジさんからコメントを頂きました。ご紹介します。




ぼくは一人前・5歳児―自制心が育まれる小さな経験

素敵な見出しです。

「幼児教育とは何か?」と言うテーマに対して、ピンポイントに焦点が当てられているように思います。

> 2・3歳児の「欲しい」と言ってジタバタする自己主張。4・5歳児さんの「欲しいけれどジャンケンに負けたから我慢する」という自制心・・・どちらも大切な成長過程です。<

ジジもそう思います。

このような感情が成熟していくプロセスがどのようにして起こるのか?は不明ですが、おおむね4才を過ぎたころから、攻撃的な衝動が抑制されて、友愛的な行動ができるようになっていきます。

通常、攻撃性は生物にとっては必須の衝動で、身体の防衛や食餌のために発動される本能衝動と考えられています。

比べて友愛行動は、一部の鳥類の求愛ダンスや哺乳類の子育て行動に見られるということですが、ヒトの場合は赤ちゃんの時から丁寧に扱われた経験が、友愛行動を導くのかも知れませんね。

> 負けが2~3回続き、険悪な雰囲気に、~〇ちゃんの眼は涙でいっぱいになり、いつまでもゲームが始まりません <

なんだか見ていてセツナイ瞬間ですね。

それでも子どもたちは、こうした小さな経験を積み重ねながら、ジブンの中の攻撃衝動と新しく芽生えて来る友愛衝動に、折り合いをつけていくことを学んでいくのでしょう。

「あそびとは何か?」という問題について、攻撃性という本能衝動にコントロールされることなく、「好奇心」という比較的新しい衝動(系統発生)によってコントロールされる行動だそうです。

この、スイスの生物学者アイブル・アイベスフェルトの「あそび定義」は、衝撃的で面白いと思いますね。

ヒトに特徴的な、大脳新皮質とくに前頭葉の働きは「抑制機能」と言われていますが、あそぶ領域を広げることで発達してきたのかも知れませんね。

ホイジンガの「ホモ・ルーデンス」では、人類の様々な文化はあそびから始まったと書かれています。そして、アイベスフェルトは「哺乳類の育児行動」にその起源を求めています。

ヒトの赤ちゃんでは「いないいないばぁ~」の相互交流から始まって、ハイハイ期の知覚行動、視覚と手指を使った1歳児からの探索行動、2才からの表象行動、そして3歳でおおむねパーソナリティを形成します。ここで言うパーソナリティーとは「ジブンの型」です。精神分析学用語でいえば「内的表象」、ボールビーのアタッチメント理論では「ワーキングモデル」です。

4・5才になると、これらのワーキングモデルを形成した人たちが、互いに交流するわけですから「すったもんだのデキゴト」が起こるのは当然かもしれませんね。

そして、6歳以後になると協同する世界が開けています。

「なぜそのようになるのか?」

その理由はよく分からないのですが、アイベスフェルトの推測では、その群れの中に未来の配偶者がいる可能性が高いと言うことです。

子どもたちにとって「あそぶこと」は、なによりも大切なことのように改めて思いますね。

〇ちゃんも☆ちゃんも、レオさんに迷惑かけながらあそんでください。




ジジさんの言われるように、私の仕事は、子どもをお利口

さんにさせることではなく、子どもから迷惑をかけられる

ことだなぁと思います。

一人一人顔が違い、性格も違うように、一つ一つの出来事

に対応するマニュアルはなく、毎回子どもとの間で起こる

小さな出来事を、大人がどう捉え、かかわり、見守るのかは

たとえマニュアルがあったところで、子どもは一人一人違う

ので言葉で伝えることはできないなぁと感じています。

どんな小さな出来事であっても、負の感情や怒りの感情で

あっても、あそびのアトリエで起こる出来事は毎回、毎回

新鮮で私は宝物のように感じています。

大人として、子どもを危険から守る枠組みはしっかりと

持ちつつも、そこに大人の正義や思惑が入ってしまうと

無意識に子どもを操作してしまう危険性もあります。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
遊びの中での不安や葛藤

遊びは・・・

「子どもに喜びをもたらすもの」

「発達を促すもの」

「不安や葛藤を乗り越えるためのもの」

であると同時に、お友達との遊びの中では不安

や怒りや嫉妬等、心の葛藤を抱えることもあります。


もうすぐ3歳の〇ちゃんは、4歳のお姉さん2人と遊びたいの

ですが、なかなか輪に入れずに、ママとの間を行ったり来た

りしていました。お姉ちゃん達が作るハロウィンのマントと

帽子も同じように作って身に着けたい!

同じように遊びたいけど…硬い表情の〇ちゃん↓

IMG_20171010_155353.jpg

お姉ちゃん達のごっこ遊びがはじまると、3人の壁が

なくなり、みんなでワイワイ楽しそうに遊びだしました。

〇ちゃんは入るタイミングを狙っていたようです。

4歳の☆ちゃんが「イヤダ!イヤダ!」とリズムにのって

飛び跳ねて言い出すと、もうすぐ3歳の〇ちゃんもノリノリ

で跳びはね「イヤダ!イヤダ!」と大笑いしながら大合唱

何が嫌なのかわかりません~(笑)

IMG_20171010_161930.jpg

大学生になったり、小学生になったり、幼稚園に

なったり、お弁当をもってお泊りに出かけたり

大忙し!お弁当キレイにハンカチでつつめます↓

IMG_20171010_163732.jpg

学校ごっこでは◇ちゃんが「キャット&チョコレート」の

カードゲームを出してきて(お兄ちゃんが遊んでいたのを

覚えていて憧れがあるのでしょう)、どうやって遊ぶのかなぁ

と見ていると、1・2・3の数字をカードごとに分類して、何枚

あるかを数えていました。(4歳児さんの知識をフルに活用し

ています)その後はカードの字を読んでもらい、亡霊がでて

きたり、ナイフやフォークが飛んできたりする問題をどう解決

するかを考えて答えていました。

IMG_20171010_164349.jpg

最後に、◇ちゃんのお兄ちゃんが来てから4人で

「かいだんのうえのオバケゲーム」をやりました。

時には、お兄ちゃんがいると少し緊張感もあって

いい感じです。

オバケになると自分の駒の色がわからなくなるので

みんな大変です。もちろん3,4歳児さんは「見ないでね」

と約束をしても、とうてい我慢はできません💦

何度もオバケの下の自分の駒を確認しながらゲームを

しました。あと1年もすると自制心が芽生えてきて

しっかりゲームができるようになることでしょう!!

この時期は、この時期の遊びを楽しみたいと思います。

1年生のお兄ちゃんも小さい子特別ルールによく我慢が

できました。

IMG_20171010_170542.jpg

子どもは、小さな不安や葛藤を乗り越えつつ、少しずつ

お友達との関係を築いていく力を蓄えていきます。

ママ達は心配をし過ぎないように気を付けて下さいね。

子どもはママのあたたかな眼差しがあれば、ちゃんと

乗り越えていきますよ


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
自制心が育まれる小さな経験

5歳の〇ちゃんはショッピングゲームが大好きで

4歳の☆ちゃんを説得しゲームをやることになりました。

喜び勇んで、はりきってはじめたものの・・・

動かすコマのキャラクターの取り合いになってしまい

5歳の〇ちゃんは「絶対にイヤダ!」と言い張り

4歳の☆ちゃんも「イヤダ」と言って、互いに一歩も譲り

ません。硬直状態が続く中、5歳の〇ちゃんが「ジャン

ケンをしよう」と提案し、4歳の☆ちゃんも「いいよ」と

承諾しジャンケンで決めることになりました。

しかし、〇ちゃんは見事にジャンケンに負けてしまい

ました。それでも諦めきれずに〇ちゃんは☆ちゃんに

もう一度ジャンケンを挑みますが、また負け、それが

2~3回続き、険悪な雰囲気に~💦〇ちゃんの目は

涙でいっぱいになり、いつまでもゲームが始まりません。

そこで私が「はじめに☆ちゃんが使って、次に〇ちゃんが

使って、時間を半分ずつにしたら?」と提案をしましたが

脚下、「じゃあ他のゲームにする?」それも脚下・・・

とうとう☆ちゃんが「じゃあいいよ」と〇ちゃんにキャラクタ

ーを譲りました。

しかし、それも気に入らない〇ちゃん。しばらく後向きに

なって沈黙が続きました。そして「私、こっちでいい」と言

って☆ちゃんにキャラクターを譲る決心がつきました。

私も、どうなることかと内心ハラハラしていましたが

〇ちゃんの苦渋の決断には驚きました。

その後は、2人ニコニコでゲームを楽しんでいました。

IMG_20171006_152646.jpg

私は〇ちゃんに、妥協策を提案したり、お姉ちゃん

だから頑張れるかな?と問いかけたりしながらも

こうしなさいということは言わず、2人のやりとりや

内側での葛藤する時間を見守っていました。

もちろん、〇ちゃんが奪い取ることも予測されまし

たが、それも大切な経験です。

〇ちゃんは葛藤の末に自分の意志で☆ちゃんに

キャラクターを貸せたことに、私は「〇ちゃん本当

によく頑張ったね」と言うと、〇ちゃんは少し照れくさ

そうにニッコリ微笑みました。

正しいことを大人が押し付けることは簡単なことですが

子ども自身が自分で考え判断することに大きな意味が

あります。たとえそれが間違っていたとしてもです。

いろんな状況はあるのですが、私の経験では、

大人が変に正義を押し付けない方が、子どもは

案外間違った判断をしないということです。

大人が正義を振りかざすほど反抗することも確か

です。もしくは、大人顔色ばかりを気にする子は

自分で考えたり、自分の意思を表現することが

できな場合もあります。

2,3歳さんの「欲しい!」と言ってジタバタする自己主張、

4、5歳さんの「欲しいけれどもジャンケンで負けたから我

慢する」という自制心、どちらも大切な成長過程です。

「ゆっくり しっかり まちがってもいい」という大らかな気持

ちで大人は見守ってあげたいものですね。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
秋の気配~リンゴやコスモス~

周辺の稲穂も色づき秋の気配を感じます。

今年は小さなリンゴがたくさんなってます!↓

もちろん、食べられますよ~

IMG_20171005_113122.jpg

こぼれ種から芽を出したコスモスも満開↓

IMG_20171005_113139.jpg

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:あそびのアトリエの畑
ピエロック一座とプリンセス一座

近所の神社(長洲町)で地域おこしのお祭りがあり

その中で「ピエロツク一座」さんの操り人形劇の公演

があることを聞きつけ、年長さんの女の子達と

話し合い、きゅうきょ参加することにしました。

写真にはありませんが、神社の境内で青空の下

で繰り広げられる素朴な操り人形劇は、なんだか

ホッとする素敵な空間でした。

マイケルジャクソンやマドンナもいます!

バイオリンも弾けるんですよ~💓

16196061_1238277396255087_8559937161702383454_n.jpg

帰ってから、さっそく操り人形を作りました。

素敵なプリンセスを描いて操り人形に~↓

IMG_20170930_181350.jpg

IMG_20170930_181316.jpg

プリンセス一座の公演です!!

IMG_20170930_123522.jpg

二人とも昨年観劇した「のらぺんぎんのぺんじろう」

もよく覚えていて「ぺんぎんの面白かったね~」

「お笑いのところとか!」等々、よく覚えているのに

こちらもビックリです!

きっとこの日の操り人形も子ども達の心に深く

残ることになるのでしょうね

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
Back | Top Page | Next