TOP

レベルアップ!

パズルにはまっている〇ちゃん

来るたびに、レベルアップしています。

パズルをするときは、一人で椅子に座って真剣な

表情で取り組みます。

家でも毎日パズルに集中する時間があるそうです。

IMG_20170609_113613.jpg

誰かが支持するわけでも、誰かが教えるわけでも

何か報酬があるわけでもありません。

どうして子どもは、ここまで集中して取り組めるの

でしょう?本当に不思議です。

モンテッソーリのいう「秩序の敏感期」なのでしょうね。

*「敏感期とは、生物の幼少期に、ある能力を獲得する
 ために、環境中の特定の要素に対して、それを促える
 感受性が特別に敏感になる一定期間のこと」だそうです。







にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
幼児期から10歳までの成長

モノづくり大好きな4年生の☆君の小さい頃の様子です。

4~6歳くらいの遊びの様子↓

IMG_1148.jpg]

IMG_0339.jpg


IMG_1362.jpg

IMG_1363.jpg

IMG_1366.jpg

IMG_1304.jpg

IMG_0739.jpg

IMG_0539.jpg

CIMG2727.jpg

CIMG2193.jpg

CIMG2200.jpg

CIMG1835.jpg

CIMG1665.jpg

IMG_1727.jpg


これは最近、☆君が子どもが乗って遊べる台車を作る

ために描いた設計図です。↓

とても綿密にかかれています。

IMG_20170613_135014.jpg

設計図に従って作業開始↓

左手の指を骨折していたのですが、右手で頑張って

1時間かけてノコギリで板を切りました。

IMG_20170610_153046.jpg

IMG_20170610_172353.jpg

IMG_20170610_172530.jpg

1日では完成しかなったので、次回続きをやるそうです。

指を骨折しているのに・・・本当に偉いです。

最近では、勝手に「どんぐり倶楽部の問題やろ~」と

自主的に根気よく問題をといています。

小さい頃に、夢中になって遊んだ子は、こんなに素敵

に変身していくのだなぁ~と感心します。



☆君と同じ年代の子ども達も、それぞれの花を咲かせるように

戦国武将に詳しい子、準備万端でお店屋さんごっこをする子

カプラがすごく上手な子・・・いろんな子ども達がいます。

それぞれがその子の得意分野をきちんと認められて

「自分は自分で大丈夫」、いろんな欠点はあったとしても

「自分てすごいのかも」と感じれる場でありたいと思います。

そんな中で欠点も補われていくのだと思います。

みんな、平坦に育ったわけではありません。

幼児期から泣いたり、わめいたり、怒ったり

そして、たくさん笑って、いろんな試練を乗り越えて

きたなぁ~と☆君の写真をみながら感慨深いものが

ありました。

次回、大作ができるのが楽しみですね!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
ジジさんのコメント~経験したことを表現することの意味とは?~



レオさんが言われるように・・・。

子ども時代の「あそび」の重要性を、理論的にも実践的にも伝えて行けるといいですね。

それにしても「3歳の女の子が作った積み木のお家」完成度から言っても素晴らしいです。

> 子どもたちが、バスに乗って幼稚園に登園、男の子と女の子が綺麗に並んでいます。<

> みんな座ります。先生が絵本の読み聞かせをしているところ <


IMG_20170606_160121.jpg


先日、浜松市の昭和幼稚園の園長先生のブログで、シニフィアンとシニフイエと言う言葉を教えていただきました。

シニフイァンは、記号表現のことで、たとえば「うみ」という音声、もしくは「海」という文字のことです。

シニフィエは、海のイメージもしくは砂浜で経験したデキゴトのことです。

海岸に出かけて、「海は広いな」と目にしたこと、もしくはそう感じたことがシニフィエ。そのことを家に帰ってママに「海は広いね」と言うと、話し言葉のシニフィアン(音声記号)で伝える。絵に描いて表すと記号表現によるシニフィアン、作文で表すと文字記号によるシニフィアンということです。

シニフィエは、見たり、聞いたり、手で触ったりして感じとったできごと。
シニフィアンは、それらのイメージを何らかの記号で伝えることですね。

以前、学習した「児童の震災マニュアル」の中で「おもちゃはことば」がありました。

そこから見ると・・・。

「3歳の女の子が積み木で作ったお家」は、意味するものとしてシニフィアンになります。

 そして、日常の経験の中で、お家にまつわる経験が、意味されるものとしてのシニフィエになります。


経験すること、そこで感じとったことがシニフィエであり、それを記号表現すること、これがシニフィアンですね。

このように考えると、1歳半の子どもから見られる「延滞模倣」も身体表現によるシニフィアンと見ることができます。

最近ジジは「子どものあそびはゲノムに登録されているか?」というテーマに取り組んでいます。

モンテッソーリが、子どもの発見の中で「子どもの中に教師が住んでいるとしか思えない」という感嘆の言葉を述べていますが、「ゲノムに登録されているとしか思えない」と言う感じです。

> 男の子と女の子がきれいに並んでいます。みんな座ります。先生が読み聞かせをしているところ <

素晴らしいです。

IMG_20170606_161800.jpg


もし子どもたちに経験をさせないで、シニフィアン(記号)もしくは記号の操作だけを教えているとしたら、子どもたちは「意味のないことをさせられている」と感じるかも知れません。

子どもたちのあそびの重要性を「あそびのアトリエ」から伝えて行けるといいですね。ジジも頑張りたいと思いました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
バッタの抜け殻

IMG_20170609_172145.jpg

子ども達が見つけてくれた「バッタの抜け殻」

私もはじめてみました!

ダンゴムシ、バッタ、カマキリ、キリギリスなどなど

子ども達は外に出ると目をキラキラさせて元気に

虫取りしています!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
あんなとこにも!こんなとこにも!

長洲町にある「きんぎょタクシー」にちなんで

5歳の女の子達が「きんぎょバス」を作っています。

バスにお絵描きをしていると、「人魚姫バスがいいね」

とバスの名前が変わります。

〇ちゃんバス停、☆ちゃんバス停、レオさんバス停、それぞれの

バス停で金魚さん達が4匹、2匹、5匹と乗り込みます。

みんなでどこにいくのかな?

動物園や温泉に行くのだそう~大型絵本や積木を

使って行き先ができあがります。

ご飯は何を食べるのかな?

おはじきが出てきたり、各自のお家まで出来上がり

ました

ちょっとしたきっかけで、子ども達の想像力はムクムクと

広がります!

IMG_20170610_103237.jpg

磁石の実験「どんなところにくっつく?」

みてみて!↓

IMG_20170610_110348.jpg

ここも↓

IMG_20170610_110329.jpg

これも↓
IMG_20170610_110304.jpg

ここもだ!↓

IMG_20170610_110245.jpg

これも↓

IMG_20170610_110227.jpg

これも↓

IMG_20170610_110214.jpg

ここも↓
IMG_20170610_110209.jpg

これもだ!↓

IMG_20170610_110154.jpg

まだまだ、たくさんくっつくところを見つけました。

最後には、地面の土から砂鉄を集めていました!

案外と集まるのもです。

「ネジのところはくっつくね」と物質の違いに気付いたり

土の中の見えないところから砂鉄を集める経験など…

主体的な活動は、子ども達をイキイキさせます。

自分の五感や知恵を使って発見したことは

大事な知識の基盤となっていくことでしょう。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
Back | Top Page | Next