TOPおひさまクラブ



自主的な遊びは子どもの心と知性を育む

ボードゲーム、お料理、おしゃれ、おままごと、おしゃべり

が大好きな1年生の女の子グループの様子です。

お姉ちゃんやママにお手伝いしてもらって昼食は

たこ焼きを作りました。

中身の具は各自持ち寄りで、ウィンナー、チーズいろいろ、

サツマイモ、ポテトサラダ、コーン、シーチキン、ビターチョコ

など…超豪華!こんなたこ焼き食べたことない(笑)

IMG_20170924_130924.jpg

お料理する子↓

IMG_20170924_122125.jpg

ゲームをする子↓

IMG_20170924_122137.jpg

食後は、お絵かき、ゲーム、工作等々…何を言わなく

ても、自分でやりたいことをはじめてます。

周囲の空気をほどよく感じつつも自分のやりたいことをしっか

りやっている雰囲気がとてもい感じです。


感情豊かなムードメーカーの〇ちゃんは、みんなでたまごっち

ゲームをやっていると、おおはしゃぎする一方で気に入らない

ことがあると、表情が曇りゲームに途中で「ママがいい~」と

大泣きしつつも、お手伝いのお姉ちゃんに励ましてもらい

ないながら、30分近く頑張って続けていました(強制ではない

ので抜けてもいいのですが…本人としては皆と一緒に続け

たかったのでしょう)

ゲームが長引きすぎて1人抜け、2人抜けすると、〇ちゃんも

ゲームを抜け、その後はイキイキとたこ焼き作りをやりはじめ

包丁でウィンナーを切りながら「私ママのお手伝いしてるから

上手だもん!」と喜々として仕事をしていました。

食後は、お友達とテントウムシゲームをし、その後は一人

でレストランごっこを始めました。

〇ちゃん「レオ!メニュー作ったから、だいもん(レストラン

名前)ごっこしょう!」と言って自分で作ったメニュー表を

持ってきてくれました。↓

IMG_20170925_084507.jpg

私が「ラーメンとサラダとケーキをお願いします」と

言うと、張り切って調理をはじめます。

注文したメニューをしっかり思い出しながら、料理を

持ってきてくれました。(以前であれば、勝手にメニュ

ーは変更されていました💦)

短期記憶が苦手な〇ちゃんにとって、3つのメニュー

を覚えることは大変なことですが、本人が自覚をする

だけで全く違ってきます。

忘れたとき私に聞き返すことで問題は解決します。

そして、この遊びを通して、「しっかり記憶をしなけれ

ば!」という意識が〇ちゃんの中に芽生えているよう

に感じました。

以前のメニュー表は、〇ちゃんに「作って!」とねだ

られて私が作っていました。

今回は、自分で文字を書くことに自信がついたようで

勝手に一人で作っていました。(驚きです!)

後で〇ちゃんが言ったことは「私ね、カタカナも習った

から、カタカナで書こうと思ったけど難しかった…」と

話してくれました。私が「そうなんだ!すごいね。じゃあ

また今度カタカナで書こうね」と言いうと

〇ちゃんは嬉しそうに「ウン!」と応えてくれました。

周囲の子と比べると「1年生にしては幼いのでは?」

とか「大丈夫?」と思うこともあるかもしれません。

でも私からすると、1年前、半年前の〇ちゃんと比べ

るとすごく成長しているのを感じます。

他にも、以前はゲームははじめから「イヤダ!」と言って

参加しなかったり、面白くなくなると途中でやめてしまっ

たり、ということがしばしばありました。でも今回は皆と

一緒にやりたい気持ちと、でも思うようにいかずにやめ

たい気持ちの葛藤の中で30分近くゲームを続けることが

できたことはすごいことです。

2人でやるゲームと5人でやるゲームは自分の番が

回ってくるのにも時間がかかるから待つ時間も大変

です。

お勉強が苦手な子も心が健康であれば、好きな遊び

は強制されなくても、自分から楽しんで根気よく取り

組みます。自主的な遊びには喜びがあり、できるように

なりたいという願いがあります。

「みんなと一緒に遊びたい」「計算ができるようにな

りたい」「字が読めるようになりたい、書けるようにな

りたい」といろんな欲求が生まれてきて、遊びが高度に

なってきます。特に苦手意識の強い子の場合には、

自主的な遊びを通して、大人が共感したり、励ましたり、

少し手助けするだけで、その後に大きな影響を与える

のではないかと実感しています。





最近小学4年生の☆君が学校で書いた作文をみせて

もらう機会がり、あまりにも素敵すぎて思わずコピー

してしまいました。↓

IMG_20170918_104542.jpg

☆君も幼児期~小学校低学年、つい最近まで

ママと一緒にいろいろ心配をしていた子ですが

最近ではとてもしっかしてきて、その成長ぶりに

こちらが驚くばかりです。

2年ほど前、奈緒美先生をお招きしての算数教室

では、断固拒否をして何もやろうともせずに、先生

から「お勉強にかなり拒絶反応がでていますね…」

と言われていたくらいです💦奈緒美先生もそれ以上

は勉強に関しては深入りせずに「レオさんのような

ところで自由に遊べる空間はこのような子ども達に

とっては大切だと思いますよ」と言って頂いていました。

☆君は勉強は拒絶しても、自主的な遊びはとても豊かで

blogでその様子や写真をアップすると、あそびの心理研

究所のジジさんから「この子はすごくしっかりしているね」

とよく感想をもらっていました。

幼少期に多少の凸凹があっても、豊かな遊びの世界を

作り出せる子は、☆君や〇ちゃん達のように心や知性が

その子のペースでゆっくりと発達・成長していきます。

〇ちゃんはもう少し大人の手助けが必要です。

安心できる場で、自分らしさを発揮しながら〇ちゃん

の興味のあるものから少しずつ世界を広げることが

大事なことだと思っています。遊びは〇ちゃんの世界

を広げるために、重要な役割を果たしてくれるものです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
穴掘りとお化け屋敷

昨日の台風は熊本の方は雨風ともに大したことなく

良かったです。日曜日のおひさまクラブは翌日の

月曜日(祭日)に延期にしたので今日の午後から

あります。

台風が来る前の土曜日は、小雨の合間に1年生の子ども

達は、何故か外に出てスコップや鍬でせっせと穴掘り↓

IMG_20170916_145549.jpg

「宝物あるかな?」

「小判がでてくるかな?」

「ずっ~と掘ったらどうなるかな?」

「日本の裏側にいけるかな?」等々

いろんな話をしながらイメージを膨らませます!

IMG_20170916_151000.jpg

石を砕いたら化石ができてくるかな?

IMG_20170916_150948.jpg

部屋ですごろくをする子ども達↓

IMG_20170916_145528.jpg

後半は、女の子達はお姫様に変身をし

いつの間にやらお化け屋敷ごっこになり・・・

入口におもちゃの蛇を吊り下げて動かす仕組みをしたり

黒のビニール袋で大きなお化けを作ったり~

それぞれが、お化け屋敷の看板を作ったり

お化けの絵をかいたり、ビニールお化けを作ったり

思い思いにイキイキと活動しています。

写真を撮りそびれたので、子ども達が作った物をご紹介

します↓

IMG_20170918_104315.jpg



IMG_20170918_104325.jpg


IMG_20170918_104350.jpg


IMG_20170918_104358.jpg


IMG_20170918_104414.jpg


IMG_20170918_104451.jpg

誰かに指示されて作るのではなく、自分で必要な物を考えて

何もないところから作り上げる。素晴らしい力ですね!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
不安を乗り越えて~女の子お泊り会~

8月26~27日は小学生の女の子のお泊り会でした。

今回は日程の調整が難しく、参加予定の子もきゅうきょ

参加できなくなり、1年生の女の子2人でのお泊りでした。

人数が多くても少なくでも、それぞれの良さがあり

女の子2人のお泊り会は、何をやるにもスムーズ!!

夕食の献立はいろんな話をして、☆ちゃんがレストランで

食べためちゃくちゃ美味しかったという「モモのスープ」を

再現することに!そして〇ちゃんの大好物の「ハンバーグ」

をメインディッシュにすることに決まりました。

夕食、朝食の材料を書き出し、買い物に行き調理スタート。

まずは、玉ねぎのみじん切り↓

IMG_20170826_152306.jpg


桃の皮むきは要領を得ると、すごく上手に包丁を使って

皮むきができるようになりました!↓

IMG_20170826_165416.jpg

ハンバーグの種を捏ねて、丸めます。

空気を抜く作業に苦戦↓

IMG_20170826_163356.jpg

ワンプレートのディナーのできあがり↓

IMG_20170826_174521.jpg


IMG_20170826_174507.jpg

夕食後は~

今回は女の子だけだったので温泉へ行くことに~

温泉でも水風呂ではプールなみに大はしゃぎ!(笑)



夜はお姉ちゃん(娘)とフーセン遊びや花火↓

IMG_20170826_214054.jpg

「花火は火傷したことがあるからこわい~」と

言いつつも、ちゃっかり買ってきました。

用心しながら火を付けます↓

IMG_20170826_215456.jpg

おみくじ花火は何色の火がでるかお楽しみ↓

IMG_20170826_215739.jpg

花火の後もゲームをし、少し遅い就寝となりましたが

次の日も元気な子ども達

朝食は焼き立てパンでオープンサンド↓

IMG_20170827_071051.jpg

普段、あまりゲームに参加しない☆ちゃん今回は

人数が少ないということもあって、〇ちゃんに誘わ

れ仕方なく参加しのですが…やってみたら簡単?!

すごく楽しんでいました↓

IMG_20170827_085945.jpg

〇ちゃんから「お外に行きたい!」と提案があり

食後は、海岸に散策にいきました。

〇ちゃんは海岸に着くと「私冒険大好き!!」と言って

岩場をのぼったり、海岸の散策したりアクティブに動き

回ります…自然の中で〇ちゃんは身体も心も活力が

湧いてくる感じでした。

IMG_20170827_092848.jpg

奇麗なものが大好きな☆ちゃんは、ピンク色のきれいな

桜貝を見つけて大喜び!

IMG_20170827_093852.jpg

死んだエイ赤ちゃんが波に押されてきました。

二人で棒を使って引き揚げてしばらく観察↓

IMG_20170827_095121.jpg

IMG_20170827_095214.jpg

拾った桜貝とビーズで作ったアクセサリー↓

IMG_20170827_132419.jpg


〇ちゃんが去年の自分を振り返ってこんな話をしてくれました。

「年長さんの時のお泊り会は泣いたけど、今度のお泊り会は

とても楽しみだったよ。」とか、昨年行ったプール、通った道、

夕食の献立、食べたアイス等々、〇ちゃんは鮮明に憶えて

いました。私と☆ちゃんは「あ~そうだった!そうだった!」と

〇ちゃんの記憶をたどりながら思い出して話が盛り上がりま

した。

昨年は、不安で泣きながら参加したお泊り会でしたが

〇ちゃんの記憶の中では楽しい思い出として鮮明に残って

いたのでしょう。今年は自信満々、余裕で参加をしてくれ

て良かったです。敏感な子どもたちにとって、何も経験しない

のではなく、安心・安全の中で小さな不安を乗り越える経験の

大切さを改めて感じました。

かといって本人の意思とは別に無理やり何でもやらせれば

いいということでもないのでしょうが…。

子どもをよく見ていないと見逃してしまいがちですが

小さな経験の積み重ねが、精神的な成長に繋がって

いるなぁと感じています。

一方で、子どものためにと早々に知的な能力を重視し

過ぎ、現在不登校(中学生)で悩まれている親御さん

がこのような話をされました。「今やっと、勉強よりも

生活力やコミニュケーション力が大切だったことが

わかりました」と…。

知的な能力や精神力をつけてあげることが、親の愛情

だと思いがちですが、それらは親の身勝手な思い込み

なのかもしれません。間違っていても、途中で修正が

できればいいのですが。



人類の祖先がやってきたように、私達はまず、自分の

足を使って目的に向かって歩くことができるか?

(歩くことができなくても、車いすや杖をつかってでも

目的に向かって行けるか?)

自分の手を使って目的のことができるか?

(もちろん、どこかが不自由であっても誰かに援助を

求めて目的を達成できるか?)

自分の意思を伝えることができるか?

(話す、書く、描く、ジェスチャーなど)


話は少しそれてしまいましたが、自分の内側にある

不安を取り除くには、安定した母子の愛着を基盤にして

自分のことができることが、自分に対しての信頼感や

自己肯定感につながるのだと思います。

「ママと離れてお泊りが不安」

「包丁を使うのが不安」

「花火の火が不安」

不安の強い子は特に世の中にあるたくさんの不安を

一つ一つ解決していくことが必要なのだなぁと感じます。

知識として頭で知るのではなく、経験を通して自分で

感じ、感情をコントロールし身体を使ってできるように

なることで、不安が和らぎ、自分に対する自信や信頼

安心に繋がっていくのだと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
日々成長する子ども達~お泊り会~

8月10~11日のお泊り会の様子です。

一昨年の夏休み企画は「お泊り会はめんどくらいから

やらない~」と言って違う企画をした(現在)5年生の

3人組、今年は自らお泊り会を企画しました。

要領を得ている3人は、低学年の子ども達に仕事を

分担し、自分達は夕食を担当しました。

予算を立て、買い出しに行き、料理開始!

チームワークバッリチの3人↓

IMG_20170810_155516.jpg

玉ねぎを切る時のアイテムはゴーグル↓

IMG_20170810_154720.jpg

他の子ども達は、5年生の指示に従って花火を

わけてます。↓

IMG_20170810_151802.jpg

みんなでボードゲーム↓

IMG_20170810_164044.jpg

夕食は5年生3人がほとんど作ってくれました。

メニューはカレー↓

IMG_20170810_171017.jpg

早めに夕食を済ませて、プールに行き、花火、肝試しと

夜は子ども達が考えた計画で大忙し!!

朝食は4年生がリーダーで1,2年の子ども達もお手伝い

します。慣れない子達は何をしていいかわかりません

…5年生のようにはいかず、ギクシャクしながら準備

とりあえずはトマトをきって~↓

IMG_20170811_074350.jpg

朝食づくりの時間5年生はゲームやっています↓

IMG_20170811_074358.jpg

1年生も具体的に自分のやるべきことがわかると

積極的にお手伝いをします↓

IMG_20170811_080059.jpg

朝食作りは、5年生のように上手く連携がとれずに

ギクシャクしながら準備をしましたが

何とかサンドイッチの準備ができました↓

IMG_20170811_080626.jpg

つい最近まで、5年生3人がバリアをはって他の

子ども達を寄せ付けない雰囲気があったのですが

今回は、他の子ども達とボードゲームをしたり

下記の写真のように、戦いごっこで大盛り上がりで

低学年の子ども達おおはしゃぎ↓

IMG_20170811_082751.jpg

IMG_20170811_082800.jpg

子ども同士でじゃれあったり、ぶつかり合ったりする

ことが少ない子ども達。

ママや私に対して荒々しい態度をとったり、悪態を

つくことが多く、どうしたものかと思っていました。

でも今回、子ども同士でかなり身体的にぶつかること

が多くなり、いろんな場面で交流が増えたのには驚きま

した。

4年生も5年生と遊べて嬉しい反面、調子に乗り過ぎる

と厳しい言葉が返ってきます。5年生は1,2年生には

少し甘く対応しますが、4年生に対しては厳しく対応💦

子どもの世界にも規律はあります。

子ども達の様子をみていると今までとは違った新たな

ステージにステップアップした感じがしました。

今回のメンバーのお泊り会は、子ども達の関係性が

どうなるのか見守っていましたが、私の想像を上回る

変化に驚きました。

お友達と距離を取っていた子が、不器用ながらも

お友達と交流をしようと頑張ったり、

5年生が低学年の子ども達に対しての壁が低くなり

接する機会が増えたこと等々・・・

もちろん、いろんな失敗もありました。

5年生が立てた予算があまりにも少なくて

カレー用の肉を100gしか買っていないことに

気付き、きゅうきょ朝食用のウィンナーを使ったり、

プールに行くときに着替えを持っていくのを忘れた

子がいたり・・・今回もです(笑)

たくさんの素敵なエピソードがありました。


今日からさっそくお仕事で、年長さん達のお泊り会

です!!後日ご報告をしますね。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
心の安全基地として~

ママのお腹にいたときから知っている★君(現在小2年)

引っ越しさるまでの4年間、しっかり成長をみてきました。

その後は年に1~2回は会うことがあり、昨日ははじめて

一人で遊びに来てくれました。

今回「お友達と一緒だったら行きたくない」という★君の

要望を聞き入れ、★君1人のおひさまクラブになりました。

こういうケースは稀なんですが、子どもは一人一人違うし

ケースバイケースで、今の★君の気持ちが理解できたので

OKしました。

★君がまずやったのは、1mくらいのホースを持って

私の耳元で「わー!!」と大きな声を出して驚かす

いたずらでした。

私も★君と同じテンションで「あー耳がいたい!大きな

声はお外で出してきて!」というと、ウッドデッキにでていき

大きな声で叫んでスッキリ!!

解放された~という感じ?!(笑)

数年たっても★君にとってここは「安心・安全の場」

であることは変わりないようです。(良かった~)



★君が一番興味を示して頑張って作ったのが

「モーターを使ったサイクロン掃除機」

アルミ缶を正方形に切り出し、それに

コンパスを使って円を描き、プロペラを

作ります。↓

IMG_20170808_161313.jpg

ペットボトルを切って、排気口の穴やモータの

線が通る穴をドリルで開けます。↓

IMG_20170808_161857.jpg

フィルターを取り付け、ペットボトルをビニール

テープで巻きつけます↓

IMG_20170808_165347.jpg

ストローで作った吸引口を取り付けて↓

IMG_20170808_171730.jpg

電池を付けて動かしてみます。

大成功!!

IMG_20170808_171755.jpg

グルーガン、アルミ缶、切れるハサミ、ドリル

コンパス等・・・危険な道具や扱いが難しいものを

用心しながら興味津々で意欲的に作業をする★君

の姿をみて、とても成長したなぁ~と感心しました。

そしてママが★君に対して心配していることは

大したことないなぁと感じました。

学校での細かいことを言えばきりがないかも

しれませんが、★君は自分のやりたい目的に向けて

人の話を聞き、しっかり注意をしながら熱心に

最後まで出来る子です。

ゲームをしてもわかりますが、ルールの理解も

早く、まだ習っていない漢字も読めるし

分からない言葉があれば「これとういう意味?」

としっかり質問もします。

私が★君と接する時に気を付けたことは

「気持ちが解放できているか」

「自分の意思が言えてるか」ということでした。

★君はとても心の優しい子なので、周囲に気を

使って、自分の気持ちを抑えてしまうところが

あります。3人兄弟の真ん中ということもあるし

性格的なものもあるだろうと思われます。

★君のタイプは、いきなり大勢の中にポンと入れら

れると、不安と緊張で固まってしまいます。

少しずつ慣れていくのがベストです。


★君に次回のおひさまクラブは、お友達も一緒で

いいか尋ねてみると「僕の知っている人ならいいよ」

という返事が返ってきました。何人か知っている子

もいるので、多少のストレスはかかっても、この年齢

の子がお友達と共に過ごす時間は貴重です。


不安感が強い子は、お友達がいる中で自分の

知らないゲームを出されると参加をしない事も多々

ありますが、まずは自分が先にゲームを知っている

とスムーズに参加できることもよくあることです。

ちょっとしたことなのですが、不安が強い時期は

そういう小さな配慮も必要です。

ずっと・・・というわけではなく、はじめの一歩を

少しだけお手伝いするという感じです。

次回★君がお友達とどういう関係性を作るのか

楽しみです。勿論、上手くいかなくてもOK。

★君が今どんなところで不安や緊張を抱えている

のかが理解できれば、大人がどう支えればいいの

かが見えてきます。

小学生になっても、葛藤や不安を抱えたときに立ち返る

「安全基地」はまだまだ必要です。(大人にも必要だと言わ

れています。)

特別に何をするわけでもなく、安心して過ごせる場と

共感できる人がいることで、「心」が元気になるのだ

なぁと感じます。


精神科医の岡田尊司氏はこう言われています。

「過敏な傾向を抱えている人は、そうでない人よりも

もっと支えや安心感を必要としているはずです。

ところが、現実は過酷なものです。もっとも不足している

人ほど、与えられないということが起きがちなのです。」

「過敏なケースでも安全基地を高めることによって、

自己肯定感や社会適応度を改善する可能性があるの

ではという期待をもたせます。」

「安全基地機能を改善することにより過敏性が和らぎ、

それによって、されに安全基地機能が高まるという好循

環を生むことが…回復のカギを握るのです」


  岡田尊司著「過敏で傷つきやすい人たち」より抜粋

親にとっては耳の痛い話かもしれませんが、過敏な子は

親が気付いて調整してあげなければ上手くいかないと

も書かれていました。子どもがSOSを発信しても

それを大人がどう受け止め、解釈し、対応するかは

親しだい・・・ということになるのでしょう。

子どもは勿論のこと、親の安全基地も必要だと感じ

ます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
Back | Top Page | Next