TOP番外編古くて新しい「オムツなし育児」

古くて新しい「オムツなし育児」

先日6ヶ月の☆ちゃんのママが

「おむつなし育児」の講演会に参加して

さっそくオマルを買って家で実践してみたら

「本当におしっこがでたんです!!」と嬉しそうに

話されました。

最近、林田薬局さんやあははサークルさんの活動で

「おむつなし育児」の講演会を何度か開催されて

ジワジワとママ達の意識が変わってたように思います。



私が第1子を育てた15年前は紙オムツはあっものの

まだまだ布オムツが主流

その2年後の息子の子育ての時には

周囲はほとんど紙オムツに変わっていました。

私は布オムツ派だったので1歳前からオムツをはずしてパンツに。

失敗して着替えるということが当たり前だったので

いつも着替えを4~5枚持ち歩いていました。

たまたまトイレにいって行って成功すればラッキーという感覚でした。



保育園ではトイレに行く時間が決まっているので

オムツがはずれるのが必然的に早くなりますが

それでもトイレを嫌がる子もいるし

失敗する子もたくさんいました・・・。



オムツなし育児で大事なことは「失敗をしないこと」を前提にすると

親もイライラするし子どももトイレが嫌いになります。

子どもは調子のいいときは喜んでトイレに行きますが

遊びに夢中になったり、ご機嫌の悪い時は「いや」「いかない」

と言って失敗することは多々あります。



自分の意思でおしっこに行きたいと感じて

我慢してトイレに行くようになるには

身体的には3歳過ぎでないと難しいそうです。

(大人が時間を決めてトイレに行かせれば別ですが・・・)

1歳でオムツがはずれても2~3歳の反抗期の

時期にはまた失敗が多くなることもよくあることです。


子どもの身体はまだ未熟な段階にあるということを

念頭におきながら

おしっこは失敗して当たり前・・・ゆっくりと構えているくらいが

ちょうどいいのではないかと思います。


いつもママたちにはお話しているんですが・・・

あそびのアトリエではお漏らしOKだから

安心してパンツで遊びに夢中になっていいです。

お漏らししたら雑巾で拭けばいいだけですからね

気楽にいきましょう



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |