TOP幼児教育について気になる子ども達②

気になる子ども達②

たくさんの子ども達と接して感じるんですが

あそびのアトリエで心身共に開放される安心した空間の中で

全く課題に向かおうとしなかったり

手当たりしだい物をひっくり返したり

暴力的になったり

暴言をはいたり

ママにくつっいて離れなかったり等

大人の顔色を伺いながらも普段とは違った

マイナスな面をみせる子がいます。


そういう子ども達に対して

私達スタッフが厳しく注意したり

断固とした態度を示したり

逆に子どものご機嫌をとって上手くのせて

子どもの行動をコントロールすることもできるでしよう。

しかし、子どもの行動をコントロールしてその場だけを

上手く過ごしたとしても

子どもの抱えている根本的な問題は解決しません。


かといって子どもを受け入れて何でも自由にさせればいいと

言うわけでもないんです。


子どもは大人が思っている以上にいろんなことを感じています。

パパが忙しくて遊んでもらえなかったり

何をするにもママが口うるさかったり

親の期待に応えて頑張り過ぎたり

夫婦、祖父母等の家庭の問題を抱え込んだり・・・

自分の感情を抑えて頑張り過ぎて

いろんな問題行動となってでてくることがあります。



子ども自身そういう根本的な問題を解決することができないので

ワガママを言ったり、散らかしたり、攻撃的になったりします。

親が根本的な問題から目を背けて

表面的な子どもの要求を受け入れたり

厳しくし過ぎてしまったり

その場だけを取り繕ってしまうと

自分の感情を押さえて良い子を演じて自信のない子になるか

自己中心的なワガママな子になってしまう可能性が高くなります。



大人側の問題が解決されたり

親が子どもの気持ちを受け入れてあげることで

子どもの行動は大きく変化します。

気になる子ども達たくさんいるんです・・・。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |