TOPスポンサー広告「自信がない病」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:スポンサー広告
TOP子どものあそび心理研究所「自信がない病」

「自信がない病」

「『自信がない病』威張らず萎縮せずに生きたい」という

タイトルで朝日新聞の「ザ・コラム」に女性編集委員の

記事がありました。

「自信がない病」は、日本人女性の特有の問題ではなく

米国でも30~40代のキャリアの女性達が学ぶプログラムも

あるとのこと。筆者はこう言っています。

「セクハラもパワハラも、ある種の自信のなさの表れでないか

(中略)・・・自信がないからこそ、自分の弱さを隠すためにも

逆にむやみに偉そうに振る舞いたくなり、力を誇示しようとする。

自意識もゆがみ、自分の力をみせつけずにはいられなくなる。

他人への敬意が失われ、服従させようとする。(中略)

男性も女性も、もっと自然に生きたい。不必要に委縮すること

もなく、普通に自信をもって、前向きに。言いたいことは

きちんと言って。本当に自信のある人は力を見せつけようとは

しないし優しい。他人を尊敬し、そして強くて堂々としている。」


「そう!そう!」と思いながら読みつつも、「自信を持つ」という

ことは言葉では簡単に言えるし、誰もが納得できること。

でも、よく考えてみたら「じゃあ、どうしたらいいの?」と聞かれ

たときに、どう答えたらいいでしょうか?

外的なことで言えば、勉強をして自信をつける、スポーツを

して自信をつける、得意なことを頑張って自信をつける、リー

ダーになってみんなをまとめて自信をつける…様々なことが

あります。しかし、自信とは外からつけてもらうものでしょう

か?それとも自分の内側で作られていくのでしょうか?

今の子ども達は、私達の子ども時代よりも、多くの活躍する

場(スポーツや芸術)が作られ、たくさんの評価をもらい

様々な賞をもらえる機会があります。だのになぜ???

外的な評価だけに振り回されて、自分の内側で育むべきもの

が育まれていないのではないかと感じています。



ピーター・グレイの著書の中には、この問題に通じる部分が

たくさんあります。

彼は教育を生物学的な観点から研究しはじめるようになり、

文化人類学を学び、狩猟採集民として生きてきた人類の

歴史から子どもの遊びについて考察しています。

著書の中で、人類の歴史をさかのぼると99%は狩猟採集民

として過ごしてきた歴史があり、狩猟採集民の時代の

子育ては「子どもの生まれ持った才能信じる」「自分の意志に

従って行動できるようにすれば、子どもは学ぶべきことを学ぶ」

「子どもがスキルを身につけ、十分に成熟した段階で子どもは

自然にバンド(部族)の経済活動に貢献し始める」という、寛大で

信頼にあふれた子育てをしていると多くの研究者は言っている

そうです。

一方、学校教育の歴史は教会と深く関わりがあり

「子どもは生まれながらの罪深き者であり、改心されなければ

ならず、教育の主要な目的は領主や雇い主への服従である」

という歴史があるのだそうです。


不登校ではなかったものの長年学校に違和感を感じて

いた私にとって、人類の歴史的な視点から学校をみた

ときに、「なるほど~そうだったのか~」と納得。

そして、子どもが、狩猟採集民のような遊びを好んでやる

のは、理にかなっているのだと思いました。



教育の在り方については簡単に語れることではあり

ませんが、子ども(自分)が「自信がない病」にかからない

ためにはどうしたらいいのか?誰もが真剣に考えてみる

必要があるのではないかと思います。

自由で豊かな遊びには、「自信がない病」を予防したり

自然に克服する力があるのではないかと思っています。








にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。