TOPスポンサー広告2歳児さんの不安と葛藤

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:スポンサー広告
TOP感情・情動について2歳児さんの不安と葛藤

2歳児さんの不安と葛藤

2歳児さんは、環境を整えてあげると物とは上手く関りを

持た遊びができるようになってきます。積木を積んだり並

べたり、お人形のお世話をしたり、パズルをしたり・・・。

同時に、お友達の遊びがとても気になる時期でもあり

なぜかお友達のおもちゃを欲しがったり、取り上げたりして

怒ったり、泣いたり、笑ったり、はしゃいだり・・・リボンクラブ

の時間だけでも波乱万丈です。

それも仲良くなればなるほど、ケンカが増えてきます。



2歳児さんの遊でいる様子です↓

KIMG0193.jpg



KIMG0078.jpg


KIMG0083.jpg


KIMG0114.jpg


KIMG0121.jpg


KIMG0280.jpg


KIMG0279.jpg


KIMG0278.jpg

それぞれの物で遊んでいるときは平和なのですが・・・

お友達に興味がでてくればでてくるほど、お友達の遊び

が気になってきます。一緒に分け合って遊べれば何の

問題もないのですが、2~3歳の時期は分け合っても

やっぱり、お友達が遊んでいるものが良く見えるよう

です。上記の汽車カードで遊んでいる写真は、僕の物

に手を出さないでと言わんばかりにお友達の手を

抑えています。その後、カードの取り合いでケンカに

なり〇ちゃんが大泣きをしてママのところにかけつけ

ることになるのですが・・・。


ウィニコット著の「子どもはなぜ遊ぶのか」より紹介します。

「私達が知りたいことは、子どもの人格が正常に育っているかどうか、性格が健康な方法で強化されているかということです。子どもの知的能力が人格発達の遅れを埋め合わせたりはしないでしょう。情緒的発達がある段階で挫折すると、子どもはある状況が再現される時はいつでも後退し、まるで赤ん坊か小さい子どもであるかのように振舞います。(略)正常な人は、欲求不満を処理する別の方法を知っているのです。(略)正常な子どもとは、不安や耐えられないような葛藤に対する防衛として生来的に備わっているあらゆる機制を用いることができるのが子どもなのです。正常な子どもの用いる機制は、得ることのできる援助と関係しています。」

「幼児の要求や感情がすさまじく強いものであるということはには、どなたも同感なさるでしょう。外界との関りが始まったばかりでありながら、人としての激しい感情すべてをもって生まれた人間として赤ん坊を見ることは、この上なく大切なことなのです。人は自分の生まれたばかりの頃や幼い頃の感情ーこれはとても激しいが故に、価値あるものなのです。」

「私たちは、早期幼児期を徐々に信頼感を確立していく過程と考えることができるでしょう。数限りない良い体験を通して、徐々に人やものが信頼できるようになるのです。ここでいう「良い」体験とは、子どもの要求や衝動が十分に満たされ受け止められるということなのです。」

「どんなに快適で理解ある家庭生活が背景にあったとしても、普通の人が育っていくのは厳しいものだという事実は変わりはありません。実際に子どもの要求に完全に満たしている家庭というものは、子どものとって耐え難いものなのです。といいますのは、子どもが怒ることにより、息抜きをすることができないからです。」

「幼児期に泣きわめいたり、癇癪を起すことの多くは、この内的現実と外的現実との間の主導権争いをめぐっての一連のものであり、この主導権争いは正常とみなされなければなりません。」



小児科医として児童精神医学を学び、精神分析と

児童精神医学の実践に努めたウイニコットの言葉に

は説得力があります。

生まれて2~3年の間、家庭という小さな世界の中で

「自分は何でもてきるんだ」と全能感をもって、お友達と

接すると、思い通りにならないことがたくさんでてきます。

「おもちゃは独り占めできない」「好きなものだけ食べら

れない」等、外の世界は広がりつつも、まだ未熟では

ありますが内面では様々な感情があふれ出し大混乱。

2~3歳児さんはその調整期で、本当に大切な時期

だなぁと感じています。子どもの個性やそれ以前の

母子関係も影響してくるので、子育てマニュアル

なんて通用しません。

「正常な子どもとは、不安や耐えられないような葛藤に

対する防衛として生来的に備わっているあらゆる機制

を用いることができるのが子どもなのです。正常な子ど

もの用いる機制は、得ることのできる援助と関係してい

ます」とウィニコットは言っています。

2,3歳の子どもがおもちゃを取り合いした時に、大声を

あげて泣わめく、ママに抱きつく、相手を攻撃する等の

行動はウィニコットが言う「生来的に備わっている機制」

「得ることのできる援助」を使って、最大限自分を防衛

しているのだと思います。

こういう経験を経ながら、4~5歳になって相手の気持ち

になって考えることが出来るようになると、お友達との

関係性は徐々に次の段階へとシフトしていきます。

この2~3歳の経験を飛ばしている子は、どこかで不具合

が起きて、もう一度2~3歳に立ち返ってお友達の関係を

作り直さなければいけないようです。(私の経験ではそう

感じています)

叩いた、叩かれたという目の前の出来事よりも、安全基地

があったか?自分で防衛できたか?自分の感情をだせか

た?の方が後々大きな影響があるのではないかと思って

います。

現に子どもは、子ども同士のケンカで心が傷つくことは

ほどんどなく、またお友達と遊びだします。逆に仲良しに

なるくらいです。

お母さんに見守られた安全基地の中で、お友達とのやり

とりが思い通りにならないとき、すぐに逃げこめる安全基地

(母)があり、それを利用しながら、様々な感情を受け止めて

もらい、経験を積んでいくことの方が私は重要なことだと

思っています。


我子がお友達に叩かれたり、逆に叩いたりすると、親は

様々な不安をかかえることになります。それを成長過程の

一環として、子どもを守りつつ、見守り、ケアをし、ほどよい

距離感を保つことは、難しい問題なのかもしれません。

私もできる限りお母さん達の気持ちに寄り添い、共に子

どもを見守り適切なアドバイスができるように頑張りたい

と思っています。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:感情・情動について
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。