FC2ブログ
TOPスポンサー広告様々な気持ちと向かい合う 年中さんグループ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:スポンサー広告
TOPぼくは1人前! 5歳児様々な気持ちと向かい合う 年中さんグループ

様々な気持ちと向かい合う 年中さんグループ

お友達とゲームをするのが苦手な5歳の○君

3人でネコとネズミのすごろくにチャレンジ!

前回のリボンクラブのときこのゲームに興味を示した

○君に「お家でママと遊んでみてね」と言ってゲームを

貸していました。

今回「○君お友達にゲームのやり方を教えてね」と

お願いすると、上手くはありませんが、自分が印象

に残ったことをみんなに嬉しそうに話してくれました。

ゲームのルールはバッチリ理解しています。

この時期の子ども達は、すごろくがあまりにも嬉し過ぎ

て、サイコロを遠くに投げつけてしまいます。なぜか?

大人からするととても効率悪いんですが・・・💦本人達

はノリノリです(笑)

ゲームは最後まで継続できませんでしたが、3人ですご

ろくができたことが大きな進歩です!

IMG_20180207_153842.jpg



2,3歳の頃あまりヤンチャではなかったという☆君は

今、悪ガキモード全開です。お外で土の塊を投げるの

はいいのですが「レオさんにぶつけてやる!」と言って

ぶつけるか、ぶつけないかの瀬戸際に投げつつも

思わず私の足に土の塊が命中してしまいました。

本人は強がって引きつり笑いをしていますが、ここで

私は「こら!☆君人にぶつけたらダメだといったでしょ

レオさん足がすごく痛かったんだよ!そんなに人に

ぶつけるならば投げるの禁止!」というと☆君の顔が

こわばって悪いことをしたなぁという表情になりました。

やっていいことと、悪いことの枠組みを大人が作って

あげないと子どもは安心して遊ぶことができなくなり

ます。もともと私はゆるい方なのですが、今まで枠組

みが曖昧だった子、不安の強い子には特に必要だ

なぁと感じています。

その後も、ヤンチャな☆君は私から怒られたことにも

めげずに何度も似たようなやりとりが続きました。

こういうやりとりをしながら、どこまでやっていいかの

加減を学んでいくのだと思います。

手間暇かかりますが、大事なことです。




自制心が育ちつつある◇君はとても冷静です。

いざこざがあって、○君に対して闘志を燃やす☆君に

◇君は「○君と仲良くしてあげよう」と仲をとりもつ発言

をしていました。

こんなこともありました。外でみんなで穴掘りをしている

ときに、バイクで娘が帰ってきました。いち早く◇君は

娘に気付き

◇君「だれ?お兄ちゃん?」

レオ「お姉ちゃんだよ」

◇君「怒られるかもしれんばい」

レオ「なんで?」

◇君「わかんない」

レオ「へー何で怒られるのかな?」

◇君「穴を掘っているから」

レオ「◇君はそう思ったんだ」

◇君「うん」

レオ「じゃあ お姉ちゃんに聞いてみたら?」

◇君「いやだ!」

そういう会話をしていると娘が「こんにちわ」とニコニコ

と挨拶をして家に入っていきました。

レオ「◇君おこられた?」

◇君「ううん」という会話を二人でしました。

◇君は外からの目や評価がとても気になるようになり

自制する心が育ちつつあるところです。

メイク&ブレイクにチャレンジ↓

IMG_20180207_160717.jpg

その後、部屋に入ってメイク&ブレイクのゲームをすると

難易度が3段階あるカードで、◇君が選んでやるのは一番

簡単なものを選んでやっていました。自信がついたころに

少し難易度を上げたカードを私が提案すると難なくクリアー

しました。そこに、やんちゃな☆君が「オレもする!」とイケイケ

モードでやってきて一番難しいカードに何の躊躇もなくチャレン

ジします。1度目は配置が少し違ったものの、2度目は完璧!

この様子を見ていて、5歳前後の子どもの自制心の育ちを

考えるときに、むやみやたらに大人の都合で子どもに自制を

強いてしまうと、子どもは大人の顔色ばかり気にしたり、出来

るか、出来ないかばかりを気にし過ぎるようになります。

悪いことではないのですが、◇君のように気を使い過ぎで

行動に自制がかかり過ぎでしまう時期もよくあることです。

◇君の方が良い悪いとか、☆君の方が良い悪いとかいう

単純な問題ではなく、子どもの成長過程においてどちらの

時期も大事なことだと思っています。

◇君にいたっては少し前までは☆君のような行動がよく

みられていたので、現段階では自制心が育つ一過程であると

思って見守っています。もうしばらくするともっと緩急が上手く

使いこなせるようになってくるでしょう。☆君はもうしばらく

やんちゃをやった後に、自制心が芽生えてくることでしょう。

どちらもママは心配でしょうが、大人のかかわりをしっかり

していけば2人とも私は問題はないと思っています。



○君については、ママから嬉しい報告をお聞きしました。

一人っ子でお友達とのコミニュケーションが苦手な○君は

最近、幼稚園で外遊びの時間に一人で乗り物の乗って

遊んでいるときに、お友達が○君の乗っている乗り物を

貸してほしいと言ってきたそうです。すると○君は「イヤ

ダ」と返答し、「あっちにもあるよ」と同じ乗り物があると

ころをお友達に伝えたそうです。

お友達はそれでも○君の乗り物が良かったみたいで2人

で話し合いをした結果、運動場を3週ずつ交代で乗ること

になったそうです。そして本当に3週ずつ乗り物にのって

交代をしていたという出来事を、幼稚園の先生から報告

されたそうです。私もとても嬉しくなりました。

見守って下さった先生も素晴らしいし、それを尊いこと

として喜べるママも素敵です。こういう見守りが子どもに

とっては何よりもの成長できる場だと思います。



長々となりましたが💦

もう一つ○君の印象的な出来事がありました。

時々、子ども達の要望でおやつを作ることがあります。

この日も○君の強い強い希望でバナナココアホット

ケーキを作ることになりました。○君は左右のバラ

ンスが悪いということだったのですが、卵は難なく

上手に割れました(大人が心配するまではないのか

も💦)

ホットケーキを食べる段になって、前回も揉めたの

ですが今回も同じく、○君は「一番大きいのが

食べたい」と強く主張しますが、当たり前ですが

お友達だって大きいのがいいので、誰も「いいよ」

なんで言ってはくれません😢

ジャンケンで決めることになったのですが、残念

なことに○君が一番負けてしまいました。二人が

選んだ後に〇君選ぶのですが、その時には

大きいのがいい!」と涙、涙、涙

の訴えをする○君。誰も譲ってはくれません…

泣き叫ぶ○君がみんな気の毒になり、二つ目は

○君から選んでもらいました。それでも気持ちの

整理がつかい○君「大きいのがいい!!」と言っ

て2つのホットケーキをぐちゃぐちゃにして一つに

まとめながら「大きいのがいい」と悔し涙を流し

ながらホットケーキを頬張っていました。

本当に辛い体験だったろうと思いますが

食べた後は自分で気持ちを立て直し、しばらく

遊んでご機嫌で帰りました。

こうでありたいと思う気持ちと、思い通りにならない

現実の狭間で子どもはとても辛い思いをすることが

多々あります。そんなとき、子どもの思いを汲んで

思い通りにしてあげた方がいいのか?それとも

しない方がいいのか?悩むところですよね。

私は、子ども同士の揉め事にはあまり大人の力

が入らない方がいいと思っていて、極力子ども達の

移行に従いつつ、思い通りにならずに辛い思いを

している子の気持ちに寄り添うように心がげて

います。思い通りにならなかったことよりも、辛い

気持ちに寄り添ってくれる人がいないことの方が

大きな問題だと思っています。


毎回、波瀾万丈、年中さんのリボンクラブです!!


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。