FC2ブログ
TOPスポンサー広告教育について考える~発想の転換を~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:スポンサー広告
TOP幼児教育について教育について考える~発想の転換を~

教育について考える~発想の転換を~

昨日NHKの「あさイチ」で「子どもの授業が激変!2018年教育

改革」と題して、先進的な各地の様々な取り組みが紹介されて

いました。

先生が授業をするのではなく子ども同志で教え合ったり、

体育の授業ではタブレットを活用して自分のフォームを見直し

て修正したり、インターネットで調べ学習をしたり…

先生が教えるインプット中心だった学習から、自分で考え

表現(アウトプット)することも同じように大事にされる学習が

本格的に重視されるようになってきたように感じました。
(もちろん、基礎学力の大切さは大前提にしてありました。)

とは言っても…先生の力量が問われてばらつきがでるので

は、という心配の声も多々聞かれました。

教育はこれまでにも時代の流れによって変化してきました。

答えはないのかもしれませんが、考え続けていくことは大切

なことではないかと改めて感じます。

「あさイチ」で紹介された中で目を引いたのが、千葉県柏市に

できた、ものづくりを通じて「考える力」を伸ばそうという企業が

運営するユニークな施設。子どもの「考える力」を伸ばすこと

に、企業も注目しはじめいるのだそうです。

ここでは、プログラムはなく道具や材料が準備してあるので

子どもが自由な発想でモノづくりに取り組め、教える大人は

いません。(手伝ってくれる大人はいると思いますが)失敗OK。

やり直しOK。アクティブラーニングを研究されている先生も

絶賛されていましたが、「良い施設があるからいいということ

ではなく、大きく違うところは、教える人がいないということ。

特別に立派な施設がなくてもいいんですよ…」 と言うような

ことを話されていたのが印象に残りました。


養老孟子さんの言葉ではないですが、大人は子どもに

意味のあること(結果)ばかりを求めてしまい、昨今は

勉強、スポーツ、芸術、遊び、趣味の分野に至るまで

何から何まで先生がいて教えてもらえる場を渡り歩

くような環境の中、意味のないことに没頭するとか、

教える大人がいないという発想の転換はとても大事な

ことだと思います。




畑でバドミントンをする子ども達↓

IMG_20180106_151544.jpg

熊本弁カルタに夢中↓

IMG_20180106_165841.jpg




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。