TOP幼児教育についてゆったりとした時間の中で自分の手・足・頭を使う

ゆったりとした時間の中で自分の手・足・頭を使う

紙コップとストローでロボットちゃんを作りました。

女の子ロボットと男の子ロボットを作ってます↓

IMG_20170807_154830.jpg

レースのドレスを着てリボンをつけたロボット

可愛いでしょう!↓

IMG_20170807_154847.jpg


夏休みお家でのんびりと過ごしている子ども達は

普段の緊張感から解放されて、いい感じで元気です。

ママは少々疲れ気味?かもしれまんが・・・💦


社会全体としては、女性が仕事をすることを応援する

ために保育園の充実ばかりが重視されていますが、

同時に、子どもが家庭の中で、ゆったりと過ごす時間

の重要性も検討して欲しいものです。



あそびのアトリエのあるお母さんは、夏休みを二人の

子と一緒にゆっくりと過ごされています。

先日こんなエピソードを聞かせてもらいました。

子ども達が、遊ぶだけ遊んで(おもちゃが散乱状態)

その後、子どもに「あら~散らかったね、どろぼうが入った

みだいだね!どうする?」と冷静に問いかけたそうです。

普段はただ「片付けないさい!」というお母さんの指示に

反抗していた子が、お母さんがゆとりをもって

ワンクッション置くだけで、自分が散らかした現実と

向かい合い「えー大変だ!」とすごく大慌てをして

片付けをしたのだそうです。

子どもを信頼すること、大人にゆとりがあることで

子どもは自分で自分のやった現実と向き合い

どうすればいいかを考え行動する力を発揮できます。

「親が子どもの手足になったり(片付けをしてあげる)」

「親が子どもの頭になったり(指示・命令をする)」

時間がなくてついつい、親が子どもの手・足・頭になって

しまうと、いつまでたっても子どもは自律できません。

何を経験させるという目先のことではなく、子ども自身

が自分の身体や頭を使って動くこと、考えることを

大切にしてあげたいなぁと思います。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |