TOP子どもの身体について身体運動の繰り返しで獲得する力

身体運動の繰り返しで獲得する力

あそびのアトリエで、たくさんのおもちゃがあるにも

かかわらず、「お外に行きたい!」という子ども達がいます。

そう言う子どもの背景を「なんでかなぁ」とよく観察してみると

雨で外遊びが不足していたり、飛躍的に身体運動が伸び

ようとするときだなぁと感じます。

年中さんが玉入れをしているとこと↓

IMG_20170623_155850.jpg

「投げる」「的に入れる」という二つの行為を同時に

できるようになるには、年齢と経験が必要です。

年中さん達は、元気よく投げることはできても

的に入れるとなると苦戦します。逆に的に入れること

に意識がいくと、投げるというよりも、できるだけ近い

所で的を引き寄せて入れようとしたりします。



年少さんがケンケンをしているところ↓

IMG_20170621_164303.jpg

はじめはぎこちなったケンケンが何度も何度も続ける

うちに、だんだんとスムーズになってきます。

地面に描いたケンケンの〇とにらめっこしながら

言葉と目で確認して「ケン」「ケン」「・・・・・パァ」と

ゆっくり ゆっくりやっていきます。何度も繰り返すうちに

目で確認しなくても、リズムを言葉にしなくても

スムーズにできるようになってきます。

こういう身体運動も記憶の一つと考えられていて

「意味記憶」や「エピソード記憶」とは大きく異なった性質を

持つ「手続き記憶」と言われるのだそうです。

手続き記憶とは、歩く、自転車に乗る、車に乗るなどの身体

技能で、いったん憶えると忘れることがない。

身体が記憶しているので普段の生活の中で、いちいち脳を

使わなくても済むということなのだそうです。

人が限られた資源の中で、いかに効率よく「脳」を使うかは

とても大切なことなのかもしれません。

例えば、勉強をする時にいちいち「鉛筆は右(左)手でもって

親指と人差し指でおさえて中指で・・・・」なんて頭で考えて

毎回やっていたら大変なことです。

手続き記憶を獲得するためには、普通長期にわたる練習が

必要で、例えば「歩く」という当たり前の動作も、歩き始めた

1歳児さんにとっては非常に困難で、懸命の努力の末に

獲得される技能です。

手続き記憶は、言語化が難しく、バランスの取り方や体重移動

身体のどの部分をどのように使うのかなど、言葉で精確に説明

できません。ブランコの乗り方や自転車の乗り方も説明できない

ですよね。

人の記憶にはたくさんの種類があり、分類の仕方も研究者に

よって違うのだそうですが、そいう科学的な手がかりを参考に

しながら、子どもの行動をみていく視点も大切にしたいと

考えています。


現代社会は、狩りで獲物を射止めるとか。危険なことを

回避するという場は激減しましたが、人間の歴史の中

では狩りをして食事をしていた時代もあり、野山を

飛んだり跳たりする身体能力も必要だったでしょう。

繰り返しの中で獲得する能力を子ども達は遊びの中

で獲得しているようにみえます。


付け加えますが、繰り返しの活動の中には「やりたい!」

という子ども自身の内面からでてくる欲求が大切だと

考えています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どもの身体について
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |