TOP子どものあそび心理研究所ジジさんのコメント~経験したことを表現することの意味とは?~

ジジさんのコメント~経験したことを表現することの意味とは?~



レオさんが言われるように・・・。

子ども時代の「あそび」の重要性を、理論的にも実践的にも伝えて行けるといいですね。

それにしても「3歳の女の子が作った積み木のお家」完成度から言っても素晴らしいです。

> 子どもたちが、バスに乗って幼稚園に登園、男の子と女の子が綺麗に並んでいます。<

> みんな座ります。先生が絵本の読み聞かせをしているところ <


IMG_20170606_160121.jpg


先日、浜松市の昭和幼稚園の園長先生のブログで、シニフィアンとシニフイエと言う言葉を教えていただきました。

シニフイァンは、記号表現のことで、たとえば「うみ」という音声、もしくは「海」という文字のことです。

シニフィエは、海のイメージもしくは砂浜で経験したデキゴトのことです。

海岸に出かけて、「海は広いな」と目にしたこと、もしくはそう感じたことがシニフィエ。そのことを家に帰ってママに「海は広いね」と言うと、話し言葉のシニフィアン(音声記号)で伝える。絵に描いて表すと記号表現によるシニフィアン、作文で表すと文字記号によるシニフィアンということです。

シニフィエは、見たり、聞いたり、手で触ったりして感じとったできごと。
シニフィアンは、それらのイメージを何らかの記号で伝えることですね。

以前、学習した「児童の震災マニュアル」の中で「おもちゃはことば」がありました。

そこから見ると・・・。

「3歳の女の子が積み木で作ったお家」は、意味するものとしてシニフィアンになります。

 そして、日常の経験の中で、お家にまつわる経験が、意味されるものとしてのシニフィエになります。


経験すること、そこで感じとったことがシニフィエであり、それを記号表現すること、これがシニフィアンですね。

このように考えると、1歳半の子どもから見られる「延滞模倣」も身体表現によるシニフィアンと見ることができます。

最近ジジは「子どものあそびはゲノムに登録されているか?」というテーマに取り組んでいます。

モンテッソーリが、子どもの発見の中で「子どもの中に教師が住んでいるとしか思えない」という感嘆の言葉を述べていますが、「ゲノムに登録されているとしか思えない」と言う感じです。

> 男の子と女の子がきれいに並んでいます。みんな座ります。先生が読み聞かせをしているところ <

素晴らしいです。

IMG_20170606_161800.jpg


もし子どもたちに経験をさせないで、シニフィアン(記号)もしくは記号の操作だけを教えているとしたら、子どもたちは「意味のないことをさせられている」と感じるかも知れません。

子どもたちのあそびの重要性を「あそびのアトリエ」から伝えて行けるといいですね。ジジも頑張りたいと思いました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |