TOP絵本(本)紹介本紹介「子どもが体験するべき50の危険なこと」

本紹介「子どもが体験するべき50の危険なこと」

51171H-Wh0L__SX350_BO1,204,203,200_

タイトルが面白そうだったので買ってみました。

著者のゲイバー・タリー氏はカリフォルニアで子ども達に

モノづくりを教えるティンカリングスクールを開設されていて

います。そこでは、すべては無茶をやることから習得された

というゲイバーの信念に基づき、壮大な構想、クレイジーな

観念、想像力の直感的な飛躍が尊重され育まれるのだそう

です。


本の中には50の危険なこと、例えば「車の窓から手を出して

みよう」「9ボルトの電池をなめてみよう」「ポリ袋で爆弾を

作ろう」「紙コップでお湯を沸かそう」等々・・・

大人は「危ないからやめなさい」と一蹴してしまいそうですが

でも、子ども達はやってみたい!又はやっていいの?と言

いそうなことばかり。

大人と一緒にやるのはもちろんですが、やり方、注意事項、

発展した科学的な視点での説明もあります。


本のはじめに、ゲイバー氏はこう書かれています。

もちろん、子ども達を危険から守ることは必要です。

それは社会人としての私たちが、子ども達に約束して

いることです。しかしそれが過保護になってしまっては

子ども達の危険に対する判断力が養われず、社会の責任

が果たせません。私たちがするべきなのは、未知のものと

本当に危険なものとを区別つけられるよう、子ども達に学

ばせることです。(略)

「読み書き計算の力は、新たな知識を獲得するための

そしておそらく「力量」を育てるための窓口に過ぎません。

森の中で育った子ども達は、本で森のことを学んだ子ども

達よりも、実際の森の中で快適に過ごせるはずです。

同じように自分でたき火を起こしたり、木に登ったりした

経験のある子のほうが、それをビデオでみただけの子ども

よりも、そこで目撃した物理的現象を、ずっと深く、具体的

に理解できます。(略)

「力量」とはなんでしょう。私は現実世界で困難な問題に

遭遇したときに、うまく対処できる力だと考えています。(略)

「力量」ある人は、物をいじくり回して仕掛けを探るくせが

あります。彼らはよく質問をします。答えが得られないときは

自分で答えをみつけようとします。(略)「力量」のある人は

自分に自信を持っています。力量は自分を構成する部品の

ひとつなのです。なぜなら、どんな状況で何が起きても

対処できることが自信につながるからです。



とても共感しました。子ども達は、あらゆることをやってみたい

と思っています。それにはたくさんの危険なことも含まれます。

危険なことは全て取り除くのではなく、何がどれくらい危険

なのかを知り、危険な物(ナイフや火等)を「危険だから使わ

ない」のではなく、経験を通して上手く使える方法を体得す

れば、子どもの大きな自信に繋がり、自分の力でできることが

グンと増えます。そういう繰り返しをしながら、心や身体が

知識とともに育まていくのだと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:絵本(本)紹介
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |