TOP幼児教育について虹色教室奈緒美先生の記事紹介「自ら学ぶ子が育つ教育とは?」

虹色教室奈緒美先生の記事紹介「自ら学ぶ子が育つ教育とは?」

下記の文章は奈緒美先生のブログの記事です。

子どもと関わる仕事をしている人にとって

とても大切なことを書かれています。

私自身もとても大切に感じていることを言葉に

されています。ぜひ読んでください!




「民衆教育の父」と称されるペスタロッチについて、

P・フェルッチがこんなことを書いています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一瞬一瞬の観察で、教育者たちは子どもたちの成長や発達に

ともなう才能の変化に、どんなとらえにくいことでも気づくことが

できます。それは、知性、心身のバランス、感情面の成長、

好奇心、自律などの変化です。

このプロセスは、ほかの生き物に見られる発達とも似ています。

生物学的な比喩は、すぐれた教育者たちにたびたび使われてきま

した。というのも彼らは、生徒たちのなかに、自分固有のルールに

従い、自分のペースで展開する、生き生きした自律的な進化を

認めるからです。



(省略)このような眼差しを注がれると、成長していく子どもたち

は深い尊敬と自信を呼び覚ましてくれます。

そして、教育者が強制する必要なしに、子どもたちのなかに自律的

なプロセスが続きます。付け加えなければならないものは、何もあ

りません。

すべての知恵と善が、すでに子どもたちのなかにあるのです。

生徒たちから学ぶことが教育者の務めであり、その逆ではありま

せん。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フレーベルもモンテッソーリも子どもたちのなかに、

自然発生的な自律性が生じるのを見ていました。

子どもたちのなかに普遍性を見つけることは、教育の最も重要な

原点です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

学び成長している子どもは、単に、自分の務めをこなし、先生の

期待を満足させようとしている個人ではありません。

それどころか、一人ひとりの子どもすべての子どもで、それは、

万物の法則に従って宇宙を動きながら、全宇宙の秩序を

映し出している一つの星のようなものです。

成長している子どもは、やはりかけがえのない個人であると

同時に、普遍的な調和の現れでもあります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前にも書いたのですが、今、マイコー雑記のマイコさん、

たまきさん、ワーキングマザーさん、ともえさんらと、

「子どもたちのために、何かしたいね」と話しあっています。



子どもたちの人生に本当に役立つような贈り物とは、

それぞれの子の両親や祖父母、身近な大人たちが、

次に挙げるような良い教育者の資質を自分のなかに育てて

いくことじゃないかな、と感じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 ● 私たちが選択したことを実際に試み、恐れることなく世界を

探検する手助けをしてくれる人。

そしてもし私たちが失敗したり、困った問題に巻き込まれたりし

ても、私たちは裁かれないということを知っている。



● 私たちができること、なれるものを示してくれ、新しい発見が

どんな喜びを生み出すか、示してくれる人。



● どれほど陳腐なものであっても人生に持ち込み、

それをいきいきした魅力いっぱいのものにする人。



● 私たちが自分で何か探し出すように励まし、

私たちを自分の才能に結びつけ、私たちが学んだ

ことは自分がやったことなのだと気づかせてくれる人。



● 私たちを退屈させたり、眠りこませたりすることは決して

しない。ただちょうどよい量の夢を見せて、

常に私たちの注意を呼び覚まし、刺激する用意ができている人。



● 苦労せずに学ぶ手助けをし、そのため私たちは、学んで

いることが、深いところではずっとわかっていたことだと感じる。





「すべての知恵と善が、すでに子どもたちのなかにあるのです。

生徒たちから学ぶことが教育者の務めであり、その逆ではあり

ません。」

「良い教育者の資質を自分のなかに育てていくこと」

子どもの問題というよりも、大人側の姿勢を問われています。


話は変わりますが、先日遊びに行った神奈川の双子ちゃんから

「レオさんへ。今日も学校に行けました。明日も学校に行けるよう

に頑張ります。」と書かれたメールが届きました。

以前も、「少しでも外に出れるようにがんばりたい」というメール

をもらっていました。

人が当たり前にやっていることでも、彼女達の心の中では

人の何十倍も頑張って、頑張って、いろんな葛藤を乗り越えて

1日学校に行くのがどんなに大変なことなのか・・・

想像しただけでも胸が熱くなります。

私は学校が全てではなと思っていますが、今の彼女達に

とっては大きな目標なのだろうと察します。

陰ながら応援したいと思っています。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |