TOPおひさまクラブ椅子づくり&ハンバーガーやさん&戦国武将?!~主体的、能動的に学ぶ力~

椅子づくり&ハンバーガーやさん&戦国武将?!~主体的、能動的に学ぶ力~

木製の椅子づくり↓

IMG_20170218_152027.jpg


ロフトベッドの1階と2階はそれぞれハンバーガやさん↓

IMG_20170218_160053.jpg

紙粘土で作ったハンバーガーやポテト↓

IMG_20170218_160132.jpg

真田幸村の兜↓

IMG_20170218_155741.jpg

先の尖った武器を大量生産↓

IMG_20170218_160157.jpg

真田の家紋の入った鎧↓

IMG_20170218_163745.jpg

各自、武器を準備↓

IMG_20170218_163755.jpg

戦国武将大好きな〇君(3年生)が、それぞれに名前を

付けてくれました。

徳川家康、後藤又兵衛、宮本武蔵、サスケ、織田信長

坂本竜馬等々・・・〇君が知っている歴史の人物の名前を

付けてもらった1、2年生は大喜び↓

IMG_20170218_163818.jpg

いざ出陣!!

IMG_20170218_165405.jpg


小学生にもなって、ごっこ遊びは「幼児期の遊びでは?」

とか「遊びが幼な過ぎないか?」と思われるかもしれません

が、子ども達のイキイキした表情をみていると、そんなこと

は関係ないのではないかと思うのです。

大人だって、架空の小説や歴史の物語に思いを馳せて

ドキドキしたり、はるか遠くの異国の地を想像してワクワク

したりする時間はとても楽しいものですよね。

小学生にもなると架空のことだとわかりつつも、自分の

頭の中で様々なことをイメージしながら、工作したり実際に

なりきってみたりすることで、より感情移入していきます。

そういう子ども達は好きなことを探求する中で、歴史や漢字

地理、数学等の様々なことを、自分の興味のある小さな入り

口から入って、広く深く学んでいるように感じます。

●歴史は時代の流れをよくつかんでいます

●漢字は歴史上の人物の名前の読み書きができます

●地理はお城の場所を知っています

●数学は物を作る時に長方形を貼ったり切ったり

 しながら正方形を作って兜を作ります

そんな中で、根気よく取り組む力、説明をする力

イメージしたものを作るための段取りをとる力が

いつのまにかついてきます。

学習指導要領で、これから子ども達に必要とされる力

「主体的、能動的に学ぶ力」(アクティブ ラーニング)

を〇君は先取りして実践しているようにみえます。

お母さんに学校の様子を聞いてみると、〇君が自主学習

で戦国武将のことをやっていくと、担任の先生は「まぁ、

よしとしておきましょう」という感じであまり好意的ではない

のだそうです。本当に残念な話です・・・。

まずは大人が「主体的、能動的に学ぶ力(アクティブ 

ラーニング)とはどういうことなのか?」しっかり学ぶ必要が

あるのではないでしょうか?

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
Back | Top Page | Next
Comments
2017/02/23
from ジェリー
#- URL
ホントにそうですね。
こどもに(特に男子に)このような遊び場があり、許され、実現できることは恵まれた環境にある幸せな子たちです。昭和生まれのコたちがふつうに経験したことですが、今の子たちがどれだけこのように遊んでいるか・⁈おそらく少ないでしょうね。
先日、ウチの小4息子も学級閉鎖中に「武器を秘密基地に運んでくる」と言って竹を加工した刀を持って外出していました(決まりでは外出してはいけないことになっていますが、彼は元気だったので)
その一言にいろいろな驚きがありましたが😅「秘密基地がある」という事実に嬉しく思いました。
「バレバレやけどな」とも付け加えていましたが、塾や習い事で忙しくさせないでここまで育ててこれた仲間と環境に感謝しています。
とてもかけがいのない大切なものだと思います。
2017/02/23
from レオ
#- URL
ジェリーさんへ

ジェリーさんところのマックス君もそうなんですね~都会でも田舎でも子ども達のワクワク、ドキドキする心は同じなのだと思うと何だか嬉しいです。
我子も十数年前に「秘密基地作って遊びよった~楽しかった!」とそれぞれに小学生の頃の思いで話をしてくれます。私は全く知らなかったんですが・・・💦
子どもは、大人の干渉が入らない自由な想像の世界で成長しているのではないかと感じます。
どんな地域や時代でも子どもの内面はもしかしたら同じなのかもしれない?と思ったりもします。わかりませんが・・・
自分の世界を想像力を使って、たくましく広げていく子ども達を応援していきたいですね。

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |