TOPいや いや! 3歳児「いやいや」全開モード

「いやいや」全開モード

年少さんの男の子(4歳)と女の子(3歳)の様子です。↓

IMG_20170131_161610.jpg

IMG_20170131_170715.jpg

目はキラキラ!身体はよく動く!おしゃべりもよくする!

元気いっぱいです。

二人ともゆる~い幼稚園なのですが、最近は元気が

行過ぎて、先生から叱られることもあるのだとか…

それぞれのママから報告を受けました。

リボンクラブでも、ニコニコしながら、私の言うことに

ことごとく「いやだ~」と言ったり、反対のことばかりを

言ってきます。アクセル全開!!

〇君「お外に行きたい!」

レオ「行っていいよ」

〇君「いやだ!」


レオ「お片付けしてからお外に行こう」

〇君「しない」

☆ちゃん「レオさんがして!」

レオ「えー困ったな~。じゃあ積木とビー玉どっち

  片付ける?レオさんビー玉片付けるね。

〇君「ボクがビー玉片付ける」

レオ「そう…じゃあお願い」

〇君「いやだ~」

レオ「じゃあお片付けしないでね~」

☆ちゃん「いやだ~」

おかしいくらいに二人で「いやいや」を言いまくります。

二人の様子からは、心に負担を抱えている感じはなく

一時期の「いやいや」のようだったので、言葉遊び感覚

で接しました。

普段の生活の中では「いや」という言葉を使うことは

褒められることではありません。

しかし、遊びの中で「いや」を言って「いや」の意味を

実感することは大事なことです。

例えば、「お片付けお願いします」→「イヤ」

次に、「じゃあお片付けしないで下さい」→「イヤ」

といった具合なので、言った言葉がどんな行動に

なるのかをイメージして楽しむことができます。

ただ「イヤ」の言葉だけを使いたい子は全てに

「イヤ」を言います。

言葉をイメージできるようになると少し考えて

「・・・はい!お片付けしませ~ん!」とニコニコして

応えます。これはこれで言葉をイメージする遊びと

しては楽しめます。そうやって大人とケラケラ笑い

ながら、遊んでいるうちに固くなっていた心が

少し緩んで、お片付けを一緒にやってくれることも

あります。

結果的には、「「はい」と言いなさい」と躾を厳しく強化

するよりも、大人に余裕があるときはゆる~い感じで

遊びながら想像力を膨らませるほうが「いやいや」が

長引かないようです。



この年齢の子ども達が片付けをしないときには

私は役者になって「あ~レオさん大変だ!でも今日

だけは特別にレオさんが頑張って片付けをしてあげる

ね。次は一緒にやってね。」と大げさにいって率先して

片付ける姿を見せるようにしています。

手伝ってくれない子もいますが、その姿をみて手伝って

くれる子もいます。


「いやいや」全開モードの時期の子ども達と接するときは

家庭でも、厳しく片付けさせるか、親が黙ってこっそり片付

けるのではなく、子どもとたくさん会話をしながら、親が

片付けをする姿を見せたり、気持ちを話したりすることが

大切ではないかと思います。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:いや いや! 3歳児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |