TOPおひさまクラブ雲巌禅寺・五百羅漢・霊巌洞 宮本武蔵

雲巌禅寺・五百羅漢・霊巌洞 宮本武蔵

おひさまクラブの当初の予定は、金魚と鯉の里の

4Dシアターに行く予定でしたが、とてもいいお天気

だったので、宮本武蔵が「五輪書」を書いたといわれる

霊巌洞に行ってみようと提案したところ全員一致で行く

ことになりました。

公園でひとしきり遊び、4Dシアターを鑑賞した後

お弁当を食べて目的地に向かいました。


IMG_20170106_113202.jpg

昨年、私もはじめて行ってみて、絶対おひさまクラブ

の子ども達と行きたいと思っていたところ。

歴史的な背景は知らなくても、宮本武蔵という名前

だけは知っている子ども達。歴史に詳しい3年生の

◇君が宮本武蔵について説明をしてくれました。

雲巌禅寺は、この霊巌洞に祀られている岩戸観音を本尊

として今からおよそ700年前の南北朝時代に建立された

ものだそうです。

歴史ある厳かな雰囲気の場所です。

IMG_20170106_130741.jpg

この五百羅漢は、1779年に熊本の商人であった淵田屋儀兵

の手により安置が始まったそうです。

元々羅漢というのは、生前の釈迦の教えを集める作業に集ま

った500人の弟子をモデルにしています。

sekizou.jpg

500の羅漢の中に自分に似た羅漢がいるということ

を聞き自分に似たものを探しています。

IMG_20170106_130909.jpg

IMG_20170106_130941.jpg


IMG_20170106_130949.jpg


いちばん奥にある「霊巌洞」

ここで宮本武蔵が五輪書を書いたと言われています。

reigankara1.jpg

reigannaka.jpg

武蔵みたいに強くなりたい?!

IMG_20170106_132006_1.jpg

もっと気持ちを集中して~

IMG_20170106_132057.jpg

IMG_20170106_132159.jpg

IMG_20170106_134147_1.jpg

子ども達は自分の財布から、入館料を支払ったり

お賽銭をあげたり、おみくじを買ったりしました。

大吉がでるまでおみくじをいつくも買おうとする子

がいたり、間違えてお賽銭に500円を入れてし

まった子がいたり、いろんなハプニングもあり

悔しかったり、涙も流しましたが…

武蔵からパワーいっぱいもらって帰りました!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |