TOP一人であそべるよ! 2歳児子どもの意思と大人の関わり

子どもの意思と大人の関わり

私は、子どもの心が解放できる雰囲気を大切にしています。

小さい子ども達ほど、大人がレールを敷きすぎて外部から

の圧力をかけすぎると、自分の心とは別に従順に従うか、

大反発するかになりがちです。

従順に従う子は問題がなく見えても大切な時期に「自分」

という核が育ちそこなってしまう恐れがあります。

逆に、大反発する子は「自分」という中心を作ることよりも

反発することだけにエネルギーを注いてしまい、場合に

よっては2次障害を起こす恐れがあります。

ではどうすれば?

先にも言ったように、自由にできる雰囲気では子どもは

その年齢なりに自分で考える力を持っています。

たとえ0歳であろうと、0歳なりに自分の今できる能力を

駆使して、いろんなものを吸収して自分の周囲にある

物や人を知ろうと頭を働かせています。

例えば、下記の写真のように、物の規則性に気付いて

くると、元ある場所にぴったりとはめ込むことに夢中に

なったり↓

IMG_20161117_104702.jpg

3歳児さんはもう少し難しいものにチャレンジしたく

なったり↓

IMG_20161117_104707.jpg

体を動かしたくなったら外に行きたがったり↓

IMG_20161117_112413.jpg

3歳児さんは〇のある所を飛ぼうとしたり↓

IMG_20161117_112416.jpg

どんな小さな子でも、今自分に必要なことを自分の

プログラムに沿ってやりきっています。

そしてそれが一番子どもを成長させてくれます。

大人が焦って2歳児に3歳児の活動を求めていけないし

一人ひとりの特性、興味や関心が違うのは当たり前で

それを尊重する大人の姿勢が問われます。

ブログに書いていることも、2歳だから、3歳だから

といって皆が同じようにすることでもありません。

その場にいる人だけが感じ、共感しながら

相互交流をすることではじめて理解できることが

たくさんあります。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |