TOP子どものあそび心理研究所ジム・スダム著「子共の脳は5歳までに準備しないさい」④~ ジジさんからのコメント~

ジム・スダム著「子共の脳は5歳までに準備しないさい」④~ ジジさんからのコメント~

「足場を掛ける」と言う言葉がありますね。

子どもたちが、ある一定の水準であそんでいるとき、年上の子どもや、大人が介入することで、あそびの水準が引き上げられていくことです。

勿論、大人の介入が指示・命令的になってしまうと、一見あそびの水準が上がったようには見えますが「足場を掛ける」ことにはならないのだと思います。

子どもたちとの間に「平行な関係」を保ちながら、「足場を掛けていく」ことは、難しですよね。

さて「子どもの脳は5歳までに準備しなさい」をジジも読みました。

扁桃体や海馬、視床、視床下部などの辺縁系の働きについて、分かりやすく説明されていたので良かったと思います。

今までの早期教育の本と違っていて、乳幼児期に焦点をあて「準備する脳」という形でアプローチされていて面白いと思いました。

25Pの「5歳までに育つ、脳の構造と機能」の章で、「脳幹」と「辺縁系」は、生後5年でほぼ完全に出来上がります。したがって5歳までの時期が重要なのです。

の指摘についてはジジも同感です。アタッチメントのパターンについても、睡眠のパターンについても、早期に形成されるということでした。

19Pには

後部や内則や底部にあって早期に発達する領域のいくつかは急速に発達しますが、そうした領域はいったんネットワークが出来上がると、一般に変化を受けにくくなります。・・・・これに対して脳の外側にある大脳皮質は一生を通じて発達し変化し続けます。

5歳までに準備しなければならないこと、 改めて考えていきたいと思います。

ただ、「あれをしてあげましょう」「これをしてあげましょう」と言う言葉が、たくさん書かれていたので、そこは気になりました。

科学者の本として、もう少し抑制されていたら、読者自身が考えていくだろうと思います。

それにしても、今までの早期教育の本と比べると、新たな視点として参考になると思いました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |