TOPおひさまクラブ遊びの中でたくさんの思考回路を作る子ども達

遊びの中でたくさんの思考回路を作る子ども達

「ツリーハウスを作りたい」と提案をした2年生の●君

どんなものを作りたいのか?どんな材料が必要なのか?

考えてくるように言ってました。

すると紙に自分なりの設計図を描いてきていました。

それでもどう立体的にするのかはイメージがつかないので

工作で立体的に作ってみることにしました。↓

IMG_20161029_160314.jpg

必要な材料があればナフコに購入するつもりでいたの

ですが・・・本人は「大丈夫!大丈夫!」といって、ある

材料を引っ張り出してお友達と遊具の上を使って

何やらゴソゴソとやりはじめました。

レンガや木材を運び込み机や椅子らしきものを

つくり、表札(男ははいっていい)や鍵を作り、どろぼう

よけに上からジョウロの水が落ちるような工夫をしたり

3年生の☆君と二人でせっせと作業をしています。↓

IMG_20161029_162824.jpg

こちらは、おやつの燻製作り↓

IMG_20161029_162240.jpg

ゴムで動く車を作ろうと試行錯誤しています↓

IMG_20161029_161258.jpg

本格的な剣を糸ノコを使って制作中↓

もちろん立派な設計図も描きましたよ。

IMG_20161029_161135.jpg

前回、雨どいを使って屋根によじ登った◇君

雨どいが壊れるから登るのを禁止すると…ロープを使って

登ればいいと言いだし、とりあえずはナフコにロープを買い

に行きました。

スタッフのお姉ちゃんと一緒にロープのハシゴを作っている

ところ↓

IMG_20161029_163548.jpg

みんな思い思いによくもまぁ好きなことを考えること~

設計図に描いたもの、工作で作ったものとは、全く違う

ものがイメージされていくのも子どもならではです。

イメージしたものを形にしていくことは簡単なことでは

ありません。そこに行きつくまでには、何百、何千という

思考回路を作りながらたどり着くといわれています。

もちろん、寄り道をする中で新たな発見があるのかも

しれません。違うゴールにたどり着くかもしれません。

こういう遊びの中でたくさんの思考回路が育っていくの

でしょうね。

大人が教えたり、手出し口出しをし過ぎては、思考回路

は育ちません。子ども自身が自分で考えたことを実行す

ることが大切です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
Back | Top Page | Next
Comments
2016/11/03
from ジェリー
#- URL
わぁ〜!なんて楽しそう♪
いろんな経験ができるからジブンってスゴイと感じたり、大きくなったときにおひさまクラブ面白かったなぁと振り返ることができるでしょうね。
特別なことをしてあげてる訳ではないけど、少年たちのボンヤリとした憧れが実現できるおひさまクラブ、ステキです!
現実社会に出る前に、あーでもないこーでもないとたくさん経験してほしいものです。
2016/11/03
from レオ
#- URL
ジェリーさんへ

コメントありがとうございます。
みんなが元気にイキイキしている姿が伝わって嬉しいです。

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |