TOP発達に凹凸のある子まずは理解することからはじめましょう!

まずは理解することからはじめましょう!

「発達に凹凸のある子」という新しいカテゴリーを

加えました。

最近、この近辺でも「児童発達支援」や「放課後等

デイサービス」などの施設が増えています。

私も、機会があるとき見学をさせてもらったり

そこでお仕事をされている方とお話をしたり

ときどきお手伝いに行ったりしています。

そこで私が感じたことは「箱物はできているのに

中身は今から・・・?」という印象を強く受けました。

インターネットで調べてみたら趣旨としては・・・




放課後等デイサービスは、2012年4月に定められた児童福祉法としての事業です。
障がいのある、主に6歳~18歳の就学児童・生徒(小学生・中学生・高校生)が、学校の授業終了後や長期休暇中などに通う施設です。
学校外で集団生活を行う機会や居場所をつくり、障がいのある子どもたちを持つ家庭を支えるために創設され、障がい児の学童保育とも表現されます。
従来は障がいの種別に分かれ、未就学児と就学児が共に通う形態でしたが、2012年に児童福祉法などの改正があり、未就学児のための「児童発達支援」と就学児のための「放課後等デイサービス」とに分かれ、障がいの種類に関わらず共通のサービスが受けられるようになりました。

児童発達支援事業とは、障がいのある未就学児が、日常生活における基本動作や知識技術を習得し、集団生活に適応できるよう支援するための通所施設。施設に通う子どものケアを主とします。




先日、小西先生の講演会に参加したときに

講演後、小西先生に「児童発達支援や放課後等デイ

サービス事業についてどう思われていますか?」と質

問をしたところ「学校が終わって放課後に車であちらこち

らのディサービスに連れますことは、子ども達にとって

はストレスでしかない。専門家がいない・・・」など問題

が山積しているとのことでした。

私自身専門家ではないので発言する立場ではあり

ませんが、発達に凹凸のある子ども達の困り感は

健常な子ども達にも多少重なる部分もあり、学ぶこと

が多くあります。

子どもの発達の背景には「身体的」「知的」な問題

それにプラスして「母子関係」や「情緒」の問題など

様々要素が複雑に絡み合っているので簡単に

診断できるものではないと感じています。

見た目でははわからないグレーゾーンと言われる

曖昧な表現をされだしてからは「もしかしたらウチ

の子も・・・?」と不安になったり、検診で保健師さん

から、又は幼稚園・保育園の先生から「病院で診断を

受けてみては・・・」と言われて、その後相談するところ

もなく悩まれている方のお話を耳にすることが増えました。

子どもにかかわる専門家や大人は、まずは発達

に凹凸のある親子を追い詰めるのではなく

共に理解を深める、学ぶところから始めることが

大切ではないかと考えています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:発達に凹凸のある子
Back | Top Page | Next
Comments
2016/11/03
from ジジ
#- URL
難しい問題です。

以前から医師不足が指摘されていました。

医師の診断を受けるまでに6か月以上もかかるとか、診断を受けても、サポートがされないままになっていることなども聞きました。

リボンクラブでできることは何か?と考えたこともありますが、リボンクラブには療育の機能はありませんので、療育を目的にすることはできません。

ただし、周辺から見て「気になる子」と言われる子どもたちは、あそぶことに偏りが有ったり、注意が持続できないところがあります。

こういったところを、改善していくことを目的にすることはできます。

それにしても、ご両親との協力は欠かせませんね。

最も難しいところは、「子ども観」を変えていくことのように思います。子どもが障がいを持っているにも関わらず、その現実を肯定的に受け止め、悲哀することも見せず、積極的に生きている方々もいらっしゃるようです。

とても難しいことだとは思うのですが・・・。

ここの地点を見失うと、子どもを励ましている行為や積りが、子どもにストレスを与えていることにもなりかねません。

私たちの社会の方にもさまざまな不備な問題がありますよね。心身の準備ができるまで、待ってもらえるシステムがあれば、希望を持って生きて行こうとする子どもたちもたくさん出てくるように思います。

見ていて残念に思えることがたくさんありますね。

私自身も、目の前の子どもに何もしてあげらえない大人として、残念に思うことがたくさんあります。
2016/11/03
from レオ
#- URL
ジジさんへ

本当に難しい問題です・・・。
背景には社会的な問題があるし、家庭の問題も大きいし、実際には子どもの問題ではないようにも思います。
自分に出来ることはありませんが…せめて身近な人たちと考えあったり、問題意識をもっていたいと考えてます。
障がいを持った人も病気の人も誰もが自分に誇りをもって生きれる社会であってほしいと願っているし自分もそうでありたいです。

レオ


コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |