TOP我慢できるよ! 4歳児遊びで広がるイメージの世界~

遊びで広がるイメージの世界~

ビルダーシステムで車を作るのが得意な●君

ビルダーシステムで遊んだ後に、テッシュの空き箱や

牛乳パックを使って恐竜を作ってみせると・・・

食べたものが、ウンチから出てくる仕掛けが気に入り

自分でも恐竜を作りだしました。

IMG_20160903_115708.jpg


牛乳パックとテッシュの空き箱を繋げて黒い紙

を貼り、目や歯を付けていきます。

箱に穴をあけているので口から入れたものが

お尻から出てくる簡単な仕組みです。

口から5個食べたら、お尻から何個でてくるかな?

大人にとっては当たり前のことでも、子ども達に

してみれば「・・・?!」不思議なことのようです。

口から入れたものを、お尻から出して数を確認

するのを面白がっていました。

IMG_20160903_115826.jpg


熊本のリボンクラブの子ども達も想像力豊かな

素敵なエピソードがあります。
(写真をとっていないのがとても残念…)

ビルダーシステムのクレーン車をウルトラマンに

見立てて、闘いごっこを何度も再現したがる◆君。

ウルトラマンのビーム光線で火事になる場面を

何度も繰り返していました。


●ちゃんは、ストロー2本をテープでくっつけて

ドラえもんのタケコプターをイメージし、

帽子を作るために丸く切った画用紙が、いつの

間にか丸めてスモールライトになりました。

二人は一緒に遊んでいても、それぞれイメー

ジしているものは全く違います。

時々「タケコプター」や「ウルトラマン」という共有

できる言葉に共鳴することもあります。


二人はとてもおしゃべりさんなのでいろんな会話

を楽しむことができます。

●ちゃんのドラえもんのタケコプターに反応した

◆君との会話では~

◆君「タケコプターは頭につければいいよ」

レオ「それいい考えだね!どうやって付ける?」

◆君「頭に穴をあければいいよ!」

レオ「ここにつけるの?いいね!」

◆君「・・・やっぱりダメだよ!」

レオ「どうして?」

◆君「頭に穴はあけられないよ」

レオ「そうか・・・じゃあ、帽子を作ったらどう?」

◆君「いいね!」


その会話を聞いていた●ちゃんは「帽子を作る!」

と言い出し、試行錯誤した後、最終的にはスモール

ライトが完成しました。(笑)

私が帽子を「こうしたら」と提案すると「ちがう!!」と

強く否定し、自分で熱心に作っていました。

◆君との豊かな会話も、●ちゃんのこうしたいと

いう強い意志も、自分のイメージがないとできない

ことです。

二人ともイキイキと元気に手先や頭を使って

いる様子がうかがわれます。

大人の役割は子どもの興味を持っているもの

に焦点を合わせ、そこから様々な会話やイメ

ージを広げていくことだと思っています。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:我慢できるよ! 4歳児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |