TOPこんにちはあかちゃん0歳児4カ月児さん

4カ月児さん

4カ月の★君に声をかけておもちゃのガラガラを振ってみせると

★君はおもちゃよりも私の顔に興味津々…おもちゃを手にしな

がらも、こちらをジ~っと見ています。

CIMG7937.jpg

おもちゃを手で握りしめ口に持っていきます。

一人で遊んでいます。

CIMG7939.jpg

うつ伏せにして、スターコマを回してみせると

頭をしっかり持ち上げコマをしっかり見つめてます。

背筋の力もしっかりしているようです。

CIMG7936.jpg


「驚くべき乳幼児の心の世界」の中に興味深い研究があります。

リン・マレーという研究者の「二重ビデオの実験」です。

生後2カ月児とその母親をテレビモニターごしにやりとりをします。

機械を通してのやりとりは多少は不自然ではあるものの

母子の間に幸せなやり取りがあることがわかりました。

次にこのビデオを記録し、1分後に赤ちゃんには先ほどの

録画された母親のビデオをみせると、赤ちゃんは困惑と

混乱の表情を示す。


この実験結果から、モニターごしのやり取りでは喜びを感じ

ているものの、ビデオの再生では赤ちゃんは母親の応じ方

の不適切さや応答がないという事実を感じているのだと

いうことがわかります。2か月児の赤ちゃんでさえも母親が

自分に対して応答的な対応をしているのか?又は全く関係

のない対応をするのか?を感じているのだそうです。

赤ちゃんが、長い間うまく共同できないやりとりを、それが

修復することもなしに慢性的に経験をしていると、赤ちゃん

は他者に対して本当に引っ込み思案になるようである。

視線をそらしたり、ぼんやりした視線を示したり、姿勢の

コントロールが上手くいかなかったり、より多くの回数で

自分をなぐさめたり(たとえば、指を口にいれたり)、身体を

揺らしたり、身を固くしたりしている。このような行動は

多くの研究で産後鬱、もしくはネグレクトの状況にいる

場合の赤ちゃんの反応として記述されている。


「驚くべき乳幼児の心の世界」本文より抜粋


このような視点をもつことで、赤ちゃんの世界に少し

だけ近づけた気がします。

4カ月の★君にとっての一番の興味は「人」対して

なのかもしれません。私がしばらく★君に対して

話しかけた後に、おもちゃの方に興味が移りました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:こんにちはあかちゃん0歳児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |