TOP幼児教育について映画「みんなの学校」&木村先生講演会

映画「みんなの学校」&木村先生講演会

あらすじ↓

大阪市立大空小学校。大阪市住吉区にある公立小学校。2012年度の児童数・約220人のうち、特別支援の対象となる数は30人を超えていたが(通常学級数6・特別支援学級7)、すべての子供たちが同じ教室で学ぶ。教職員は通常のルールに沿って加配されているが、地域の住民や学生のボランティアだけでなく、保護者らの支援も積極的に受け入れた「地域に開かれた学校」として、多くの大人たちで見守れる体制を作っている。学校の理念は「すべての子供の学習権を保障する学校をつくる」であり、不登校はゼロ。唯一のルールとして“自分がされていやなことは人にしない 言わない”という「たったひとつの約束」があり、子供たちはこの約束を破ると“やり直す”ために、やり直しの部屋(校長室)へとやってくる。テレビ版「みんなの学校」の放送後には全国各地から、支援を必要とする子どもたちが数多く、校区内へと引っ越している。




「みんなの学校は「子ども」と「地域の人」が主役。先生は

数年だけいる風のようなもの。子どもや地域住民の方は

そこに根を張る人で、特に子どもは10年後にはその地域

を共に作る人になるのです」と・・・木村先生。

木村先生が言われる言葉は一つ一つが実践に裏打ちさ

れた言葉なので説得力があります。

学校は公の場、税金で賄われているので、地域のみんな

のものだという信念をつらく姿勢がすごいです。

マニュアルをまねするのではなく、試行錯誤しながら

みんなで喜び、悲しみをわかち合いながら育ち合う中で

子どもも育ち、地域の未来も作られていく・・・

素晴らしい実践記録映画でした。

「映画良かったね~」で終わらずに、自分に何が出来る

かな?という問いを立て、小さくてもいいから出来ることを

始める一歩にしたいと思わせてくれる映画でした。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |