TOP子どものあそび心理研究所「子どもはなぜあそぶの」

「子どもはなぜあそぶの」

CIMG7115.jpg

(上記の写真)溝を掘って川を作って遊んでいる

子ども達の様子です。

マッチで火遊びをしたいといい、入り口付近に穴を

掘り、道を作り、紙を散らかし、ロウソクを折ってばら

撒き、水を流し・・・

私がどうしても困ることや危険なことは注意を

しますが・・・

それでも子ども達はエネルギッシュに活動します。



このような子ども達を様子から、ウイニコットの

言葉が頭に浮かびます。

「赤ん坊や子どもたちは、かなきり声を出したり、

かみついたり、けとばしたり、母親の髪の毛を引っ

張ったりします。また攻撃的で破壊的な、あるいは

いろいろと不快な衝動を持っているものです。」

「遊ぶことのできる子どもの能力を大いに蓄えてあ

げなさい。子どもが遊べるならば、つまり独りでも他の

仲間とでも一緒に遊ぶことを楽しむことができるのなら

ば、一つや二つの症状があったとしても、深刻に心配

するようなことは何も起こってはいないのです。

この遊びの中で豊かな想像力を用いることができる

ならば、また同じように外的現実を正確に知覚する

ことでゲームを楽しむことができるならば、たとえその

子どもが夜尿や吃りがあったとしても、怒ってひきつけ

たとしても、またかんしゃく発作や抑うつ状態を繰り返し

たとしても、あなた方は十分幸せだと思ってよいのです。

遊べる子どもは、ほどよい安定した環境を与えられると

その子なりの生き方を見つけていき、やがて世の中の

人に十分に歓迎されて、望まれる人になる力のある

ことを示しているのです。

 ウイニコット著「子どもはなぜあそぶの」より抜粋


健康な遊びは、子どもの無意識の中にある不安や

攻撃性が表出され、自分自身の内面を外に出す

ことで空想と現実の世界が上手く統合されていく

のだそうです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |