TOP元気な探検家 1歳児1歳児さんの子ども同士のかかわりと大人の役割

1歳児さんの子ども同士のかかわりと大人の役割

外向的で好奇心旺盛な〇ちゃん(1歳2か月)

ママとの関係も良好で外の世界に対して興味深々

トコトコとキッチンまで歩いて行き探索活動開始↓

CIMG7063.jpg

回るコマに興味を示しジ―ッと見つめています。

自分でコマを手に取り、投げてみますが動きません・・・

たまたま手に触れて動くこともあります。

ときどき私が回してみせるとジーッと見つめては

手を伸ばしてコマの動きを止めていました。↓

CIMG7064.jpg

私が布をかぶると、その布をめくって私の顔を

見つけて大喜びします。「もう一回やって」と言葉では

言えませんが、表情やジェスチャーでわかります。

〇ちゃんの要求を待ってから、「もう一回なんだね」と

言葉とジェスチャーで応えて、もう一度布をかぶり~

〇ちゃんがはぎとる~を5~6回繰り返しました。

少し飽きたところで、今度はボールを隠して遊び

ましたが、これも大喜びでした。↓

CIMG7065.jpg

2歳7ヶ月のお姉ちゃんがおもちゃで遊ぶ様子を

ジーッと見つめています。しばらくしてから〇ちゃんも

一緒にペグを入れていました。↓

CIMG7066.jpg

このような遊びを〇ちゃんのペースで繰り返し

ながら、椅子に座って見守っているママのところを

何度も行き来していました。

ときどき2歳7か月のお姉ちゃんから「ダメ!」と手厳

しくおもちゃを取り上げられては泣き出す場面も数回

見うけられましたが、すぐにママの安全基地に帰り

慰めてもらっては、また遊びに復活していました。


ママ達からよく聞く話では、子育て支援の場ではプロ

グラムがあるか、親同士が気を遣いあい過ぎるために

子ども同士のトラブルはなく、いろんな感情の経験を

する機会が少ないのだそうです。

この日の〇ちゃんは、少し年上の子の遊びに興味

深々で、真剣な表情でお姉ちゃんの動きに見入って

いたのが印象的でした。

物の役割、大人の役割、子ども同士の役割、〇ちゃん

にとってはどれも大切な環境だと思っています。


それから・・・〇ちゃんを泣かせてしまった、2歳7ヶ月の

☆ちゃんは、泣かせてしまって「悪かったかなぁ~」と

いう後悔の表情がみえたので、私が「〇ちゃんに他の

おもちゃを貸してあげたら?」と提案したところ

「あ!そうか」という感じで違うおもちゃを持って行き

〇ちゃんのママから「わぁ~ありがとう」と言われて

気分が良くなったのか、いろんなものを〇ちゃんの

ために、せっせと運んでいき、いつのまにかそれが

遊びに変わっていました。

子ども同士のもめ事が起こったとき、大人が制裁を

せずに、子ども自身が感じること、考えることが

なによりも大切だなぁと思っています。

そして、どんなに小さな子であろうとも、大人がその

子の気持ちに寄り添いながら、一緒に解決法を考えて

あげることはとても大事なことです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:元気な探検家 1歳児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |