TOP乳幼児のことばについてことばの個人差

ことばの個人差

2歳半の☆君と〇ちゃんの遊びの様子です。

手首、指先を使うおもちゃで遊んでいます。

CIMG7011.jpg

動物の大型絵本に囲まれて動物探しをしてます。

CIMG7013.jpg

ベビーカーに人形を乗せてお買い物へ~

CIMG7018.jpg

2人とも、しっかりとよく遊べる子ども達で

理解言語もとても多いです。

言葉に関しては、発音がはっきりしなかったり、文章で

話そうとするので宇宙人語になってしまったり、言葉

だけでのコミニュケーションが難しい時もあります。

言語の発達をみるときに、語彙の数だけでみるのでは

なく、その子の遊びや非言語でのコミニケーション力や

感情面、運動面など多角的にみる必要があります。

2人の場合は、その他の発達は順調なので

大きな問題ないと思っています。

発音の問題は、身体的な問題もあり時間がかかる

ことがありますが、今まで私がかかわった子どもさん

の場合は時間が解決してくれました。

大事なことは子ども自身がコンプレックススを持たない

ようにするために、親が心配し過ぎたり、口うるさく注意

しない方がいいと思っています。

健康な子は、自分で修復する力が備わっていて

年長さんくらいになると、自分で修正を試みるように

なってくるようです。

宇宙人語を話す子は、生態的に言葉を文章でとらえ

やすい聴覚(脳)を持っているのかもしれませんし、

そういう子の場合、たまたま赤ちゃんの頃に単語で

の話しかけが少ないという環境的な原因もあるかも

しれません。どちらにしても、そういう子の場合は

大人が単語でわかり易く話しかけることが大切です。

一つ一つの単語に意味があることを理解できると

もともと得意だった文章でのお話がますます上手く

なっていくようです。

2歳を過ぎると、ことばに個人差がみえてきますが

親は他のこと比べずに、不安にならず、又は無関心に

なることでもなく、大きな視野で多角的な視点をもち、

子どものペースに合わせて細やかなかかわりを大切

にすることが大事だと思っています。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:乳幼児のことばについて
Back | Top Page | Next
Comments
2016/01/23
from ジジより
#- URL
2才半くらいの月年齢で、言葉がはっきりしない場合、本人もイライラする場面が多くなり、ママもちょっと心配になってくるでしょう。

こちらの話すことはよく理解できていて、よくあそぶということですから6か月くらいは様子を見て、3歳過ぎても言葉が出ないようでしたら、一度小児科の先生に相談してみるくらいでいいでしょうね。

テレビを見る時間が多くなっていないか、絵本の読み聞かせタイムを規則的にとっているか、考え直してみる機会かもしれませんね。

お散歩するのも良いですよ。ブラブラ散歩しながら、指さしをして興味を示したものを、言葉に治してあげたり、触ってみて、感触したものを「ザラザラしてるね」とか「あったかいね」とか言ってあげてください。喜ぶと思います。

階段歩きも二語文への手がかりを与えてくれるそうです。寒い日はデパートの階段でも良く遊びますよ。

ごっこ遊びは「象徴あそび」という言い方もしますが、言語領域のあそびですから、お人形やお布団、バス、やトイレなど手ごろな紙箱などで見立てながらあそぶといいですね。

男の子の場合は、電車やトラック、トンネル、道などでよく遊びます。一緒になってあそべるといいです。パパがあそんでくれるといいのですが・・・。

最近は、生活が便利になってきて、手間暇をかけながら物事をすることが少なくなってきています。その分、子どもたちもそうした光景を目にすることも少なくなっているでしょう。

2歳半の時期は、ママにとって毎日が試練の時期でのようす。イライラして、怒ってしまって、反省して、心配して、落ち込んでの繰り返しかも知れません。
みなさんそのようですから・・・・。

そうしながら、ママも子どもも成長していきます。

あるママがジジに言ってましたが「隣の芝生は良く見えるというけど、隣の子どもは良く見える」のだそうです。

そうかもしれませんね。






2016/01/25
from レオ
#- URL
ジジさんへ

細やかなアドバイスありがとうございます。
2人に関しては全く問題はなく、個人差はありますが元気におしゃべりしています!!
リボンクラブに通って頂いているお母さん達にはいろんなお話ができるのですが・・・リボンクラブの子ども達の周辺の様子を聞いていると、全く気にしない親とすごく細かいところまで気にする親と両極端のようです。ジジさんが言われているような細やかな観察やかかわりができていないために、問題が大きくなることも多いように感じています。又はどこかの教室に通わせると何とかなるのではないかと思い、お金を払って外注してしまうというお話も聞きます。それでよくなればいいのですが、ますます悪化してしまうのではないかと心配になります。
とにかく、今リボンクラブに通ってきている目の前の子ども達がしっかり育ってくれることが大事なので、頑張っていきたいと思っています。

レオ

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |