TOP番外編「遠藤利彦先生の講演会」お世話になりました!

「遠藤利彦先生の講演会」お世話になりました!

「ほどほど育児のすすめ」遠藤利彦先生の講演会

は無事終了しました。

おかげさまで100名近くの参加があり実りある講演会

となりました。たくさんの方のご協力で講演会を成功

させることができました。

本当にありがとうございました

CIMG6696.jpg

CIMG6697.jpg

先生からもお礼のメールを頂きました。
       ↓
一昨日は、大変、お世話になりまして、本当にありがとう
ございました。心より感謝申し上げます。
「あそびのアトリエ」の活動が益々、実り多
 きものになりますことをお祈り申し上げます。
御礼まで。         遠藤 利彦



お話の出だしはとてもシビアで「幼児教育の経済学」とい

う本の中で、幼児期にお金を投資する方が経済効果がある。

ではどんな投資が効果的なのか?というものでした。

幼児期にお金をかけるとは、各家庭で早期教育をすればいい

という意味ではなく、国の政策としてどれだけ乳幼児期に

お金をかけられるかということだそうです。

借りに早期教育をして一時IQが高くなったとしても

数年後には早期教育をしなかった子と同じになるという

データーにも驚きました。

大切なのは、その時期にきちんとした対応を大人から

受けたかどうかなのだそうです。

そいう意味でも「アタッチメント」は当たり前のことなのですが

とても影響が大きいということでした。



まだ講演会の後整理でちょっとバタバタしているので

頭の中で講演の内容をゆっくりと噛み砕いて書くまでの

余裕がないようです・・・次回に続きます〜

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
Back | Top Page | Next
Comments
2015/11/17
from ジェリー
#- URL
大変ご盛況の講演会となったようで良かったですね。
また、教えて下さいね〜!
2015/11/17
from ジジより
#- URL
無事におわり、何よりものことです。

兎も角、ご苦労様でした。

子どもの気持ちや態度に敏感であること・・・。

そして、子どもに介入しすぎないこと・・・、

環境を構造化してゆくこと・・・、

改めて学んでいけそうですね。






コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |