TOPもうすぐ小学生 6歳児「根っこ」を探せ!!

「根っこ」を探せ!!

奈緒美先生から頂いた「キングオブトーキョー」のゲーム

は年長さんの男の子にも大ヒット!!

好きな理由としては、一つ目はカッコイイモンスター、

二つ目は攻撃ができる、3つ目は欲しいカードをゲットできる

等々の魅力的なものが満載されています。

いくつかのことを考えながら勝利に向ってゲームをするのですが

子ども達はいつのまにか、攻撃することだけに気をとられたり

カードが欲しいためにエネルギーキューブだけを集めたり・・・

様々です。

子どもが夢中になっていつくかのことを総合的に考えるという

意味でもとても面白い良いゲームだと思います!!

奈緒美先生ありがとうございました

この日は、ゲームを満喫した男の子達、その後お外に行こうと

いうことになり皆で外に飛び出していきました。

前回から提案していた根っこ探しを思い出し

みんな「根っこ探してみて!」とお願いすると

「あ!そうやったね~」「ねっこってなん?」と言いながら

根っこ探しをしました。

CIMG6525.jpg

ちょうどサツマイモもありました。

お芋を掘るときは大興奮!食べるもの」だからでしょうか?

CIMG6524.jpg

いろんな根っこを探しました!

CIMG6526.jpg

CIMG6527.jpg

CIMG6528.jpg

しばらく前に年長さんが絵を描いた時に根っこがなかった

のが気になっていました。

五感を通して根っこ探す経験は、見えない部分を想像したり

考える土台(根っこ)に繋がっていくのだと考えています。

どんぐり倶楽部の糸山先生は、文章問題ができた、

できなかったが問題ではなく、経験不足からくる

問題を重視されています。

経験をたくさん積んだ子は、頭の中でいろんなイメージ

が広がります。

おにぎりを1つ描くにしても、ただ三角を描くのか?

自分の大好きな鮭入りの海苔巻おにぎりを思い出し

ながらワクワクして描くのか?

ここに大きな違いがでてくるのだと思います。

問題が解ければそんなこと関係ないという考えも

あるかもしれません。

簡単な問題のうちはそういう考えでもいいかも

しれませんが、問題が複雑になればなるだけ

頭の中でどれだけ鮮明にイメージできるかが

大事になってくるのだと思います。



ぜひ読んで一緒に考えて欲しい内容です。
       ↓
虹色教室奈緒美先生の記事

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |