TOP子どものあそび心理研究所(続)思考力の基盤となる生活体験や遊び

(続)思考力の基盤となる生活体験や遊び

思考力の基盤となる生活体験や遊びと一言で言っても

どこかの体験教室に通わせたり、ただ自由に遊ばせれ

ばいいというわけではないと思っています。



赤ちゃんの頃からリボンクラブに通っているY君(2年生)

は、興味のあるものに対しては、自分の知識を総動員

して、本や図鑑や博物館やテレビ等からあらゆる情報を

収集しています。

最近は、古墳に興味があり、日本の歴史を本から学び

家族で博物館に出かけ、おひさまクラブにきたときは

石器時代の槍を作ると言って、自分で材料を準備して

せっせと作っていました。↓

CIMG6319.jpg

自分で作った槍で小動物や鳥を捕獲するのだとか!!

作り上げるとお友達と田んぼの周辺をウロウロと探索へ

「レオさんこれでは鳥はとれませんでした・・・」

と結果を報告してくれました。

Y君は結果はあまり気にしていないようで、作る過程で

たくさんの知識や技術を習得しているようにみえました。


同じ年の☆君もY君に触発されてカッターで木を研いで

武器を作ってます。↓

オリジナルの立派な武器を作って大満足の☆君でした。

CIMG6318.jpg

安易に「生活体験や遊び」と言っても、子どもの興味や

要求に根差したものでないと、あまり意味がないように

感じます。

Y君のように興味や好奇心の強い子もいれば

お友達に触発されて興味を持つ子もいます。

きっかけはどうであれ、知りたい!やってみたい!という

個人の内発的動機が一番大切になってきます。

それぞれが興味のある小さな扉を開き、そこからいろんな

発見をし、疑問をもち、試行錯誤する中で、気付いたら

いつの間にか知識や技術というものがついてきた。

そして同時に、自分に対する自信や自発性、問題解決能力

という大切な力も同時に育っているように感じます。


昔話に例えると、欲のない御爺さんが良心でやった結果

後で大きな得をする。欲張りな御爺さんは、欲に目がくらんで

何も得ることができなかった・・・。というエピソードのお話が

頭に浮かんできました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |