TOP一人であそべるよ! 2歳児2歳前後の成長と親のかかわり

2歳前後の成長と親のかかわり

☆ちゃんに2歳を過ぎた頃から変化が・・・

なかなか部屋に入ろうとせずに、入り口のドアのところで

モジモジしたり、ママにくっついてすぐに離れようとしません。

ついこの前までは、あそびのアトリエに来るとキャーキャー

歓声をあげて喜び、お友達の顔をみると走って近づいていき

すぐに遊びだしていたのですが・・・


この1歳半から2歳前半は、自我の発達にとってきわめて

大事な時期だと、田中昌人先生は言われています。

「自我は、乳幼児期後半から、2歳後半の「第一反抗期」を

へて、形成されていきます。」

「2歳前半ごろというのは、社会性を内面化しつつ、ある面

ではそれまで以上に心理的な不安定さをしめして防衛的な

機制が強まる時期でもあります。1歳前半と異なって、2歳

前半に大きな飛躍をもとめて、抵抗に立ち向かわせる際に

は、自我の拡大と不安定さにたいするいっそうの慎重な

配慮がもとめられます。」


田中昌人/田中杉恵著「子どもの発達と診断」より抜粋



☆ちゃんは不安や恥ずかしさなどの心の葛藤を乗り

越えてママのまなざしの中で安定して遊ぶことができ

ます。

この前まで興味を示さなかったペグ付きパズルや

ストレートドミノを落ち着いて椅子に座って

できるようになってきました。

CIMG6217.jpg

一人で全部できました!

CIMG6218.jpg

お友達の真似をして風船に落書き

CIMG6219.jpg

この時期の子ども達と接していて感じるのですが

「あんなに社交的だった子がなんで?」ということは

よくあることです。いろんなことがわかって記憶できる

ようになってくると同時に不安感も大きくなるようです。

そんな時、ママの安全基地に守られている感覚の

ある子は、抵抗に対して立ち向かっていけるのだと

思います。(個人差はあります)

不安が大きなときに愛着関係のある人に共感してもらう、

勇気づけてもらう、見守ってもらうことは、健全に成長

するためにはとても大切なことなのです。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
Back | Top Page | Next
Comments
2015/08/27
from ジジより
#- URL
視野が広がってきて「なんでもできるはずだ・・・」という自信と、

できないことに遭遇して、ママに八つ当たりして、ジタバタするのが今からでしょうね。

パパとママが話すのもダメ、
話しかけられてもダメ・・・

「ワタシは、シタイノ・・・」
「ワタシが、シタイノ・・・」

情緒的にはそんな感じですもんね。

でも、寝顔はかわいいです。

急にシャイになってきたということですが
きっと、豊かな感情が広がってきているのだと思います。
2015/08/28
from レオ
#- URL
ジジさんへ

子どもの成長は真っ直ぐいかないところが不思議で面白いです。
大人はその行動を理解したり対応するのに右往左往してしまいますが、学習と経験を繰り返す中で、子どもの行動の意味やかかわり方を学んでいるようです。理解できない行動の中にとても大切なのもが育っているように感じています。

レオ

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |