TOPおひさまクラブ夏休み企画 おひさまクラブお泊り会(3,4年生グループ)

夏休み企画 おひさまクラブお泊り会(3,4年生グループ)

夏休み企画おひさまクラブお泊り会の2回目は

3年生の男の子3人と4年生の女の子2人のグループ

でした。

大阪のジェリーさんのブログで息子さんのマックス君

とお友達がバーベキューの材料を買い出しに行くのに

チラシを参考にしながら材料を決めているのをみて

荒尾でもまねしてみました。

チラシはカラーの写真入りで値段もついていて

子ども達が考える良い素材になりました。

(ジェリーさんいいアイディアありがとうございます

CIMG6176.jpg

夕食のメインは焼き鳥に決定

お肉、野菜、枝豆(なぜか?)などを購入

CIMG6177.jpg

野菜をきってます↓

CIMG6180.jpg

メインの焼き鳥の鶏肉をきってます↓

CIMG6181.jpg

肉や野菜をくしに刺してます↓

CIMG6182.jpg


虫眼鏡で火起こし実験↓

煙は出ましたが、火はつきませんでした

CIMG6184.jpg


炭に火を起こすのには1時間近くもかかりました。

暑い中大変な作業です↓

CIMG6185.jpg

やっとのことで焼きあがり夕食に~↓

CIMG6186.jpg

食後、バタバタとお風呂替わりに温水プールに行きました。

夜食は、残ったお金で買ったファンタオレンジジュースを

飲みながら枝豆と残りの焼き鳥を食べて大満足!!



翌朝は・・・雨、風、雷のため室内で過ごしました。

朝食は各自でピザトースト。

その後は・・・

ピッケの絵本作りをする子↓

CIMG6187.jpg

ボードゲームをする子↓

CIMG6188.jpg

緻密なレゴのショベルカーにチャレンジする子

ソーラー発電ロボットにチャレンジする子↓

CIMG6189.jpg

お迎えまでのんびりと過ごしました。




「生活をする」ということは当たり前のことのようで

とても大変なことで「お腹すいた~」「火がつかない!」

「わからん!」と言うだけでは解決しないことばかり。

「自分に何ができるか」と考えたり、行動を起こさな

ければ何もはじまりません・・・お泊り会は、お世話を

してもらって楽しいことばかりではありません。

焼き鳥一つを作るにしても、肉や野菜を切ったり、くしに

さしたり、焼いたり・・・1つ1つの工程をやっていかなければ

出来上がりません。

苦労して大変だけれども、出来上がって食べる時には

「おいしい!」「やって良かった!」という感動体験は

貴重です。

「バーベキューは知ってる!」「やったことある!」と口々に

言ってる子ども達ですが、出来上がったものを食べて

「美味しかった~」ということがバーベキューと思っている

子も多いかもしれませんね。


一見、同じ体験をしているように見えても

子どもをお客さんにして楽しませるだけの体験なのか?

面倒くさいこと(作業や考えること)も含めて、1つ1つを

丁寧に体験するのか?

大きな違いがあると思います。

イベント的な企画よりも、自分で日常の生活を丁寧にする

ことの方が子どもが自立する上で大切なことではない

でしょうか?

私自身、イベント的な夏休み企画にならないようにと

思いつつ・・・ちょっと忙しすぎたかなぁと反省

13日から16日までお盆休みなので、頭の中を

クールダウンしてお盆明けから気持ちを切り替えて

頑張りたいと思います!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |