TOPぼくは1人前! 5歳児夏休み年中さん合同リボンクラブ

夏休み年中さん合同リボンクラブ

昨日は年中さんの合同リボンクラブでした。

年中さんは、病気やママの都合で参加できなかった

子ども達も多く、ちょっと残念でしたが3人で楽しみました!


外で水遊び実験

ペットボトルをフリフリしたら~色水に変身↓

CIMG6151.jpg

牛乳パックに穴をあけるとジョウロができます↓

CIMG6152.jpg

アワアワ製造機↓

CIMG6166.jpg

色水や泡を混ぜて~ジュース屋さん↓

CIMG6154.jpg

流しそうめん↓

CIMG6170.jpg

一番のお楽しみ?!かき氷↓

CIMG6173.jpg


いつものリボンクラブのメンバーとは違う顔合わせ

だったので、はじめは少々警戒していた子ども達

でしたが、ごっこ遊びになるとすぐに意気投合して

いました。


箱を使って各自のお家を作る子ども達↓

CIMG6172.jpg

色画用紙や空き箱を使って、テーブルやイス、ベッド

テレビを作っています。

各自のキャラクターを作りごっこ遊びが盛り上がります

紙や箱を使ったシンプルなもので簡単な作りの方が

イメージが膨らんで遊びが盛り上がります。

出来栄えを重視してしまうと、そちらにエネルギーを

使ってしまうので、出来栄えは気にしません!

子どもの個性によってこだわる部分が違うので

大人は子どもが何をやりたいのかをよくみてサポート

をしないと、子どもの意欲がなくなってしまいます。


恐竜の人形を使って、色水を使って、箱で作ったお家

を使って、すぐにごっこ遊びの中に入っていく年中さん。

生活の中ではまだギクシャクしているお友達関係も

ごっこ遊びの世界では、人形をお家に誘ったり、助けに

いったり・・・コミニュケーションもスムーズです。

ごっこ遊びを十分にやった子は、近い将来生活の中でも

生かされてくるのでしょう。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
Back | Top Page | Next
Comments
2015/08/11
from ジジより
#- URL
ごつこあそびは不思議な世界ですね。

日常では、「イヤ~」とか「ダメ~」と言っていても、ごっこ遊びの中では「はいはい」という言葉が多くなってきます。

「はいはい」というのは、状況に合わせてジブンの行動を調整することですから、大切です。

行動調整はおおよそ4歳くらいからでしょうから、この年齢になると比較的短い時間で調整できるようですね。

我慢をしながら身に着けるのではなく、楽しく遊びながら身に着けていくという意味では、3~4人の集団はとてもいいです。

「あそぶこと」の意味を、たくさんの人に再考して欲しいと思いますね。

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |