TOP幼児教育について子どもに何を身につけさせたい?

子どもに何を身につけさせたい?

奇跡のレッスンというNHKの番組でスペイン出身のフットサル

日本代表監督のミゲルさんが1週間日本の少年サッカーチームの

指導をする再放送があっていました。スポーツに興味がないので

なんとな〜くみていたのですが…思わず引き込まれてしまいまし

た。

監督のミゲルさんの言葉とレッスンには頷くことばかり

●子ども自身が考えてプレーができるように

●失敗から学ぶ

●視野を広く全体をみる力をつける

●子どもは大人のミニチュアではない等々

日本とヨーロッパは文化も違うし、子ども観も違うから

仕方がないというだけで割りきれません。

子どもにどんな力をつけて欲しいのか?

大人自身が改めて考えることが大切ではないかと

思いました。

私自身子どもにサッカー選手になって欲しいとは思った

ことはありませんが、こんな考え方の大人と出会って

くれれば素敵だなぁ〜と思えるコーチでした。

子どもが何をやるかという以前に、どんな大人と出会う

かは、目には見えなくとも、とても大きな影響を受けるんだ

なぁとしみじみ感じました。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
Back | Top Page | Next
Comments
2015/05/15
from レオ
#- URL
ジェリーさんへ

そうですよね。
サッカーうんぬんではなく、リボンクラブに通じる理念だから
自然とひきつけられたんでしょうね!!
2015/05/13
from ジェリー
#- URL
わたしも観ました!それも偶然でした笑
ミゲルさんの指導は、目先の問題ではなくずっとその先を見ていると感じました。サッカーの世界のことはよくわかりませんが、どの練習場面においても試合を念頭に置き、子どもたち自身が頭を使い考えることに遭遇していましたね。
「練習メニューを予め綿密に計画しないでその場で」や「自信のない子にどんなチャンスを与え、大人が寄り添うのか」
その態度、準備にはリボンクラブに共通する理念だと感じました。


コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |