TOP子どものあそび心理研究所あそびの心理研究所勉強会「経験すること」

あそびの心理研究所勉強会「経験すること」

昨日は朝から夕方まで、あそびの心理研究所の勉強会

がありました。大阪のジェリーさんも前日からの参加です。

昨年から研修を受けいるスタッフも参加されているので

とても賑やか~

それぞれにいろんな個性があって

内向的な人外向的な人、長所や短所、みんな違っていて

これも私にとってはいい刺激で、勉強になります。


内容は「経験すること〜クオリアからメタ認知まで~」

というテーマで学びました。

「一時経験は、子どもがあそびや生活を通して身につけて

ゆく知識や技術のことです。これに対して二次経験は、視覚

性言語と言われる文字や数式などの記号を操作することで、

主に学校で学び身に付けていく総合的な力として、一次経験

から獲得していく「メタ認知」に焦点を当ててみました。

これは「計画を立て、実行し、目的をはたすこと」に置き換える

ことができます。個人差があるようですが、おおよそ7歳くらい

から身につけてくると考えられています。

他者の視点と自分の視点を比較できるようになるのが、9~

10歳と言われています。メタ認知とその後の学力との相関関係

も研究されているようです。」

         あそびの心理研究所ジジさんの資料より〜


現代の風潮は二次経験だけをとりあげて「できる・できない」と

評価をし、訓練をします。

しかし、その基盤となるものは、あそびや生活の中で獲得

する個人的な経験(一次経験)が、大人が想像する以上に

大切なことのようです。

クオリア(五感を通して自力で感じること)

見立てること

ごっこあそび

ことば

自己中心性

見立てる、並べる、分ける、数える、記憶すること

行動制御と心の理論

エピソード記憶

内言

メタ認知


上記の課題は、どれも自発的に子ども達が遊びの中で

環境や物を利用して試行錯誤しながら、自力で獲得

していく課題です。

大人が焦ったり、不安になったりしないで、子どもの

一つ一つの課題を見守り援助してあげることが

なによりも大切です。


学ぶことで、大切なものが見えてきます。

それを、少しでもお母さん達にお伝えできるように

頑張りたいと思います!!

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:子どものあそび心理研究所
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |