TOPぼくは1人前! 5歳児年中さんパワー~並べる・数える~

年中さんパワー~並べる・数える~

パワー全開の年中さん達の様子です。

ごっこ遊びの流れから、宝探しをすることに~

私は「宝を守る人」という役割を頂いたので

試練をクリアーできた人が宝を貰えるルールにしたいと

提案すると、子ども達もノリノリで大賛成!!

●あっちむいてホイで勝てたら→宝1つ

●なぞなぞが正解したら→宝2つ

●算数クイズが正解したら→宝3つ

宝を10個集めたら、もっといいお宝と交換ができます。

3つの中から選んで試練にチャレンジできます。


一番人気だったのは、お宝3個の算数クイズ!!

問題「リスさんが木の実を20個集めました。  
    5人で分けたら何個ずつでしょうか?」

CIMG5022.jpg

問題「5人のかたつむりさんが、一人3枚ずつ葉っぱを

   拾いました。葉っぱは全部で何枚あるでしょうか?」

CIMG5023.jpg

算数クイズは、道具を使って考えていいよと提案

すると、生活体験の豊かな☆君は、すぐに理解して

道具を操作してスムーズに問題を解くことができました。


☆君は5年生の姉と2年生の兄がいる3兄弟の末っ子で

特別に、幼児教室に通ったり、家庭で教材をやったり

お勉強の先取りをやっているわけではありません。

ママからお聞きした話では、日常生活の中で、おやつ

や食事を分ける時、☆君は自分が損をしないように

数を数えて目を光らしているそうです。

「自分が損をしないためにはどうすれば?」という

生きるための身近な問題意識から、数学的な

センスを磨いています。

このような遊びの中で、聴覚情報を、道具を使って

視覚イメージに置き換え、秩序だてて考える力が

子ども達の中に、しっかりと芽生えていることが

わかります。


ありあまる年中さんのパワーは、時には汚い言葉

として現れたり、武器や剣等を使った攻撃的な

行動だったりすることがあります。

成長過程で通過する、情緒的な問題を上手く

クリアーできた子は、自分の興味から入る知的な

活動では、すごいエネルギーを発揮します。


もちろん、この子達も例外ではなく「レオのバカ!」

「ウンコ」「シッコ」と言いたい放題、お手製の剣で

私をやっつけに来る、元気な子ども達です。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |