TOPおひさまクラブ人体模型ゲーム~子どもが考えるいろんな遊び方~

人体模型ゲーム~子どもが考えるいろんな遊び方~

新しく購入した人体模型のゲーム↓

子ども達はどんな反応をするのかな?

好んで遊ぶのかな?あまり遊ばないかな?

人体模型

おもちゃっぽい模型なので怖くはないよね〜と

思っていたら。以外にも男の子達は恐々…

遠目にみていたり、音はならさないで!!と言ったり

予想以上に怖いようです。


膀胱や膵臓等の細かい内臓は、かなり慎重に入れて

いかないといけないので集中力と手先の器用さが

必要です!

CIMG4999.jpg

小学生の子ども達は「人体模型ゲーム屋さん」を考案

しました!たまたま2人が意気投合し

1年生の男の子は、受付や小物のセッティングや

チケットやお金の手配をします。

もう一人の2年生の男の子は、ゲームのルールを

考えます。

赤色のカードの臓器は3点
青色のカードの臓器は5点
黄色のカードの臓器は1点

受付でお金を払ってカードを臓器カード4枚引いて

時間内にカードの臓器を上手く模型にセッテイング

できたら、お金や景品がもらえるというシステムです。

そして二人で一緒に

ゲーム屋さんの周囲を布で囲って暗くし

中は、懐中電灯で不気味に照らします。

雰囲気もバッチリ。

他の子ども達に宣伝をして、商売大繁盛!!

見えづらいですが、この中でゲームをやってます↓

CIMG5009.jpg

上記の子ども達のように想像が膨らんでゲーム屋さんに

発展する子もいれば、

子どもによっては、臓器の名前に興味を持つ子

壊さないように全ての内臓を入れることに熱中する子

楽しみ方は、子どもによって一人一人違います。

同じ物でも、何を感じるか、何をやりたいか、何が喜び

になるのか?は個々によって全く違うことを思い知らさ

れます。


自由にできるからこそ、一人一人の感じたことや考えを

形にして個人の力を発揮できます。

大人から指示されたルールをただ従順にこなせるだけ

では本来の自分の力を発揮することはできません。


「ゲーム屋さん」を考え付いた男の子達はぞれぞれに

とても気難しい子です。

気分が優れないとき、イライラしたときは、そっぽを向き

悪態をつき、何もやりたがりません。

しかし、自分の力が生かされ発揮できる場を見つけると

水を得た魚のようにイキイキと思考も体も動きだします。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:おひさまクラブ
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |