TOPリボンクラブのおもちゃ「モザイクあそび」から見えてくるもの

「モザイクあそび」から見えてくるもの

4才の☆君、咳がでていましたが、元気はあります!

机に出してあったモザイクを見つけると、興味深々。

早速チャレンジしています。↓

CIMG4926.jpg

CIMG4928.jpg

CIMG4929.jpg

「こんなの、かんた~ん!!」と言いながら

5才の〇ちゃんはワンちゃんを作りました。

CIMG4930.jpg

何度も繰り返しになりますが、子どもは個性や年齢によって、

物への興味の持ち方やかかわり方はそれぞれ違います。


4才の☆君が「わーすごい!!」と感動をしながら作る姿が

とても印象的でした。自分の内面とリンクしている感じです。

5才の〇ちゃんは、「わたしだってできるんだよ!」と、周囲の

反応が気になります。自分の外側とリンクしている感じです。

どちらが、良い・悪いということではなく、子どもはそれぞれ

自分の内側に敏感な子と、自分の外側に敏感な子がいること。

大人の勝手な判断で、内側に敏感な子に、外からの刺激を

与え過ぎたり、逆に、外側に敏感な子に、大人のペースで外の

刺激ばかりを与え過ぎると、子ども自身のペースが乱れて

しまいます。


「子どもの個性って何だろう?」

「子どものペースって何だろう?」

わかったつもりにならずに、もう一度考えてみることも大切な

ことではないでしょうか?

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:リボンクラブのおもちゃ
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |