TOP幼児教育について本当の賢さとは何か?

本当の賢さとは何か?

ネットで紹介してあった「どんぐり倶楽部」の問題を
子ども達とやってみました。

≪もんだい≫
こうえんに かたつむりさんたちが あつまっています。
きょうは、みんなで おちばを あつめるそうです。
ひとり2まいずつの おちばを あつめると 
みんなで なんまいのおちばを あつめることが
できるでしょうか。
かたつむりさんは みんなで 4にんいます。

年中さん↓
CIMG4550.jpg
本人の解説→かたつむりさんが木に登っているところ
         公園だからお友達もいるよ
          これはナイフだよ(トゲトゲした人)
(しっかりとした絵を描いていますが、根っこが地面から出ていないところはまだ5才児さんです。興味のある数字もたくさん書いてます。ナイフのトゲトゲした人をみると、頑張り過ぎているのかもしれません・・・)

年長さん↓
CIMG4557.jpg
本人の解説→大きな葉っぱの上にかたつむりさんがいる
         かたつむりには口もあるよ
         もぐらもいるよ
         もう一人かたつむりもいるよ(中央上)
(中央の元気に遊んでいるのは自分?心の中も元気くんがいるようです。〇君自身も表情もイキイキとして、よくしゃべり元気いっぱいです!!かたつむり探しも〇君が提案してくれました。)

年長さん↓
CIMG4558.jpg
本人の解説→かたつむりさんが葉っぱを袋にいれている
         もぐらはみみずを食べるんだよ(下中央)
(ちょっと自信がない★君は筆圧も弱めですが、じっくりゆっくり考えながら描く様子を見ていると、しっかり思考している様子が伺われます。)

1年生↓
CIMG4559.jpg
本人の解説→ブランコや滑り台がある
     小さなかたつむりもいる(向って右)
(楽々と絵を描いたものの答えの段になって「これ習ってない…」と言いかけてすぐに「あ!8枚だ」と答えていました。
賢い子ほど「習ってない!」と言うようです。裏を返せば、考えなくてもできる問題ばかりをやり過ぎているのでしょう。)


年中さん、年長さんの子ども達は忍者修行の中で

ノリノリでチャレンジしました。

それぞれの子の個性がでていて糸山先生が言われている

ように「一人一人のオリジナル」のものができています。

それぞれの絵の中にあるストーリが膨らんで

私もワクワクしました。


どんくり倶楽部の糸山先生は

「言葉の意味がわかること。

感じられること、味わえること。

そして、考えられること。」


が学力の基本ではないかと言われています。


「2」を数字で書いた年長さんに、「葉っぱを書いてね」と

お願いをすると、丁寧に葉脈まで入った緑色の葉っぱを

描き、1対1対応でしっかりと1枚ずつ数えていき

「おー8枚だ!!」と感動していました。

その後、外にかたつむりを探しに行きました。

外に出ると、これまたいろんな発見があります!!

どんな所にかたつむりはいるのか?

かたつむりは何を食べるのか?

かたつむりはあかちゃんを生むのか?

それぞれかたつむりを捕まえて大満足で家に持って

帰りました!!



どんぐり倶楽部の文章をご紹介します。

「ひと昔前まで、子ども達は生活と遊びの中で学力の素となる力をつけていました。さまざまなことを感じ、味わい、工夫する日常がそこにはありました。小中学校で習うような事柄は、経験の中ですでに知っているようなことが多かったのです。
知らないことでも、自分の経験と結びつけて想像できる土台ができていました。「考える力」とは「工夫する力」です。
生活と遊びの中でさまざま工夫をしていた頃は、子ども達の「考える力」は自然に育ったのです。生活と遊びの中で身についた「考える力」「学力の素」があったから、抽象的な教科内容を理解することもでき「読み書き計算」という「考えない反復学習」の弊害もあまり受けなかったのです。
しかし、時代はかわりました。
子ども達の生活環境、遊びの環境は目を覆うばかりです。「便利」=「工夫を必要としない、させない」生活と、ゲーム機の普及は子ども達が「考える力」「学力の素」を育てる機会を根こそぎ奪いました・・・


また「保護者は遊びと日常生活を保障する」こと

そして、乳幼児期は情緒の安定と、子どもの感情を大切に

育てる
ことがとても大事なことなのだと言われています。


では、どんぐり倶楽部のプリント学習をやれば上手くいくのか?

そんな簡単なことではありません。

学校や周囲に流されていているだけでは、我が子を守ることは

できないようです。「できないから…」と、子どもだけに負担を

押し付けるだけではなく

まずは、親自身が「本当にこれでいいのかな?」と疑問をもち

学んでいくこと(思考すること)が大事だと思います。


にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |