TOP番外編大人の責任

大人の責任

また、長崎の佐世保で悲しい事件がおきてしまいました。

佐世保は、10年前には小学6年生の女の子の事件

その1年前くらいにも12歳の少年の事件がおきています。

どれも、被害者も加害者も子どもです。


このような事件が起こるたびに、大人としての責任を感じます。

被害者家族の一生消えることのない悲しみや痛みや怒り

加害者の子どもの心の深い闇、苦しみ、叫び

想像すると胸が苦しくなります。

そして、加害者の子がどのような生い立ちで育ったのか

そこまでの心の闇を抱えるまでにはどんな苦しみや悲しみが

あったのか・・・。

どれだけ道徳教育を強化しても、罰則を低年齢化、厳罰化

しても、根本的な問題解決にはならないと思います。


どの子も、いろんな心の葛藤を乗り越えながら成長して

いきます。何の問題もなく育つ子はいません。

「心の葛藤」=「心の成長」の証でもあります。

「葛藤」を乗り越える為に必要なものは、「物」でも「お金」でも

「厳しさ」でもありません。

大人の「なまなざし」と「愛情」と「共感」だと思っています。


報道で知るだけの情報でしかないので、私があれこれ意見を

いう資格はないのですが・・・無関心になることがもっと無責任

なのではないかと感じ、自分が思ったことを書きました。

私達大人は何をすべきかしっかり深く考えなければいけません。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |