TOP幼児教育について非認知能力

非認知能力

昨晩の「オイコノミヤ」(経済学の番組)をウトウトしながら

見ていたら・・・「非認知能力?」「幼児教育に経済投資?」

等々、興味深いキーワードがたくさんでてきたので

思わず見入ってしまいました。

アメリカの労働経済学者・ヘックマンの研究によって、大人になってからの経済状態や生活の質を高める上で、就学前教育が有効であることが実証された。この知見は日本の教育関係者にも大きな衝撃を与えているのだそうです。
詳しくはこちらを⇒就学前教育の投資効果から見た幼児教育

興味い部分を抜粋すると・・・
ノーベル経済学賞の受賞者でもあるシカゴ大学のジェームズ・ヘックマン教授(専門は労働経済学)は、就学前の子どもに対する教育投資効果に着目し、「就学後の教育の効率性を決めるのは、就学前の教育にある」とする論文を、科学雑誌『Science』で発表しました。
ヘックマンが論文を書く際に依拠しているのは、1960年代にアメリカで行われたペリー就学前計画の実験結果です。
ペリー就学前計画とは、経済的に恵まれない3 歳から4 歳のアフリカ系アメリカ人の子どもたちを対象に、午前中は学
校で教育を施し、午後は先生が家庭訪問をして指導にあたるというものでした。この就学前教育は、2 年間ほど続けられ
就学前教育の投資効果から見たました。そして就学前教育の終了後、この実験の被験者となった子どもたちと、就学前教育を受けなかった同じような経済的境遇にある子どもたちとの間では、その後の経済状況や生活の質にどのような違いが起きるのかについて、約40年間にわたって追跡調査が行われました。
その結果は、有意な差となって表れました。就学後の学力の伸びに、プラスに作用しただけではありません。介入実験
を受けた子どもたちと、そうでない子どもたちを40歳になった時点で比較したところ、高校卒業率や持ち家率、平均所得
が高く、また婚外子を持つ比率や生活保護受給率、逮捕者率が低いという結果が出たのです。
就学前教育を受けた子どもたちの間で顕著だったのは、学習意欲の伸びでした。一方で子どもたちのIQ を高める効果
は、小さいことが明らかになっています。高所得を得たり、社会的に成功したりするには、IQなどの認知能力と、学習意
欲や労働意欲、努力や忍耐などの非認知能力の両方が必要になるわけですが、ペリー就学前計画は、子どもたちの非認知能力を高めることに貢献したわけです。


要は「幼児教育」に投資をした方がリスクが少なく

ハイリターンである?そして、個人にとっても国に

とってもメリットは大きいということらしいのです。

はぁ~こういう切り口から幼児教育が議論されるのか

と衝撃を受けしました。


私は、政治や経済にはうといのですが、最近は日本の

経済大丈夫かな?と漠然とした危機感は肌で感じて

います。なので、上記の番組を単純に我子に置き換えると

「少しでも早く教育をしなくては!」と焦る気持ちになるかも

しれません・・・でも、もう少し冷静に「認知能力」と

「非認知能力」の違いは何だろうか?と考えてみると

認知能力とは一般には、IQといわれるもの

非認知的能力は、自制心や粘り強さ、気概を指すそうです


日本の現在の一般的な早期教育では、認知能力(IQ)は

伸びるかもしれませんが、非認知能と言われる、やる気や

自尊心や自制心は育っていないように思えてなりません。


論文では、貧困層の幼児教育の問題を指摘されていますが

同時に、非認知能力を高める為の早期教育の中身についても

しっかりと議論される必要があると思います。







にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |