TOP番外編グーグルが求める人材5条件~IQではない?!~

グーグルが求める人材5条件~IQではない?!~

米グーグルで採用責任者を務めるラズロ・ボック人事部門担当上級副社長が昨年6月ニューヨーク・タイムズ紙のアダム・ブライアント記者のインタビューで述べたものを抜粋してご紹介します。

「大学の成績評価(GPA)は採用基準としての評価はなく、試験の点数は何の役にも立たない。こうした数字からは何も予測できないことがわかった。またグーグルでは大学教育を受けていない人の割合は徐々に増えている。その割合が14%にのぼるチームもあるという。」またボック氏は「誤解しないでほしい。良い成績を取ることが悪いことではない」とも述べています。

「全体的な採用条件は5つある」
「どの仕事においても我々が一番求めているのは全体的な認識力であり、知能指数(IQ)ではない。認識能力とは学習する能力であり、状況に応じて処理する能力であり、種類の異なる情報の断片を組み立てる能力だ。」
次に求めるのは「従来型のリーダーシップではなく、創発的なリーダーシップ・・・重視するのは、問題に直面した時に適切なタイミングで進み出てリードできるか、同じく重要なのは、自分は後ろに下がり、指揮をとるのをやめ、他の誰かに任せられるかだ。」
問題解決に向けて「責任感と当事者意識を持って参加する気持ち・・・そして他者の良い考えを受け入れる謙虚さ・・・最終目標は問題解決に向けてみんなで協力して何ができるか。自分なりの貢献をしたら、身を引くこと。」
「知的な謙虚さがないと、学ぶことはできない・・・頭の良い成功者はめったに失敗をしない。だから失敗から学ぶ術を身につけていない・・・一人の中にプライドの高い自分と低い自分を同居させる必要がある。」
グーグルが求める条件で重要性が最も低いのは「専門性・・・優れた認知能力を持ち、根っからの好奇心が旺盛で学習意欲があり、創発的なリーダーシップ能力を持つ人を連れてきて、人事や財務で採用する。仕事内容に関する知識はない。
そんな彼らと専門家を比べてみると、専門家は『これまで100回経験してきたことだ。こうすればいい』というだろう。大抵は素人も同じ答えを見つける。なぜなら、大概はそれほど難し事ではないから・・・確かに素人はたまにへまをするが、時折、全く新しい答えを見つけることがある。そこにこそ大きな価値がある。」
「どのような仕事をするにせよ、学位の能力の代わりにはならない。世の中が重視するのは、知識を使って何ができるかだけである。どう学んだかは関係ない・・・また集団の力によってイノベーションが起こる機会が増える時代には、リーダーシップや謙虚さ、協調性、適応力、学習や再学習への熱意といった多くのソフト面のスキルも重視される。どこで仕事をしようともこれは真実と言えるだろう。」


実際に大企業にお勤めの方は反論もあるかもしれません…

私自身「大企業」と聞くだけで「大変だろうな〜」と感じて

しまうのですが…この文章を読んだ時に正直に感じたことは

「大企業に就職しなくてもいいけど、そうそう!!こういう力を

私自身も努力して身につけたい!!そして、子ども達にも

身につけて欲しい!」と共感しました。

勿論、みんなが同じようになれると思わないし、なる必要も

ないと思いますが、少なくともリーダー的存在で仕事をする

人は本当に大切な事だと思います。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |