TOPもうすぐ小学生 6歳児「宝の地図」と「どうやって宝を分け合うか?」

「宝の地図」と「どうやって宝を分け合うか?」

パワー全開の年長さん達と宝探し(おやつ)をしました。

普段はふざけている子ども達も、宝の地図をたよりに

宝探しができるとなると、俄然はりきります。

まずは宝探しをするには、お勉強も必要だということで…

椅子に座ってワークをやってみました。

少しだけ先の目的を見据えて、我慢をするという

自制心がしっかり育っている様子が伺えます。

地図の説明をよく聞いて宝探し開始です!

(赤い丸の部分にお宝が隠してあります)

CIMG1896.jpg

CIMG1895.jpg

CIMG1886.jpg

年齢や個人差によって違いますが、

はじめにお宝が何個あるかを数えて

みんなで何個ずつ分け合えるか計算する子もいるし

自分が探したお宝は分けようとしない子もいるし

平等に分けようと交渉する子もいるし

お宝探しもさることながら、平等に分け合うには

いろんな葛藤や問題解決能力が必要になってきます。

9個のお宝を3人で分けたら何個ずつか?

レオさんの分はなくてもいいのか?等々

子ども達はいろんなことを真剣に考えながらやってます。


おひさまクラブの1年生の男の子(3人)グループが

自然にお宝を分け合っている姿はとても感動的でした。

平等に分け合うという行為は、経験と年齢が必要なのだ

なぁと改めて実感しました。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments
2013/10/03
from はぴ
#- URL
楽しそう!!
こんなことができるのはリボンクラブならでは!レオさんの優しさですね。
私が通いたいリボンクラブです〜!


コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |