TOP幼児教育について大人が手をつないで子育てをすることの大切さ~

大人が手をつないで子育てをすることの大切さ~

先日、双子ちゃん姉妹(2年生)の担任の先生とお話する

機会がありました。


2人は500g台と700g台という超未熟児で生まれ

生後1年近くを病院で過ごし、ご両親はいろんなご苦労をされて

子育てをしてこられました。

思い返すと、はじめてあそびのアトリエに来たのは4年前

2人とも緊張してすごく固い表情だったのが印象的でした。


病院の診断では、身体的にも精神的にも遅れがあるということで

子ども達に負担がかからないように

ご両親が何度も行政や学校と話し合いをされて

小学校に1年遅れで入学をし、普段の学習は支援学級がメインで

体育等の集団活動はクラスでやっているそうです。


2年間担任してこられた支援学級の先生が

「先日は体育の授業で、上手く飛べるグループと苦手なグループに

分かれて縄跳びをしていたところ、恥ずかしがり屋の〇ちゃんが

自分から上手く飛べるグループに入りたいと言いだし15回も

飛べたんですよ!!

夏休みのあそびのアトリエでのお泊り会や女子会の

話もしてくれました。楽しかったようですね。

学習面も、普通学級の子よりもできる面もあるんですよ…」

と話されました。


700g台で生まれて〇ちゃんは、母子分離が上手くいかず

情緒面が不安定でいろんな面で萎縮していましたが

最近は、お友達とのコミニュケーションが上手になり

積極的な面が多々みられるようになっていました。


500g台で生まれた★ちゃんは、物事を推測することが

苦手なのですが、自分で疑問に感じたことは全て

「どうして」「なんで」と質問をしてきます。

ごっこ遊びが大好きな子です。

学習に対してもとても真面目で積極的です。



まだまだいろんな心配はありますが、少しずつ着実に

それぞれのペースで成長していく様子がうかがわれます。



双子ちゃんのママは、2人を見守る周囲の人達

(病院、療育施設、保育園、学校、学童保育・・・)

をたくさん作られているのが素晴らしいなぁと感じています。

そして私も微力ではありますが、その中の一人として2人に

かかわっていることがとても嬉しいです。



子育ては、親だけ、幼稚園だけ、保育園だけ、学校だけ、

幼児教室だけ、もちろんあそびのアトリエだけでできる

ものではありません。

個人プレーで上手くいくものではないなぁーと感じます。

子どもの周辺の大人達が協力し合って、子どものことを

一緒に考え合う仲間を作ることが、とても大切だなぁと

思います。

現に双子ちゃんは、いろんな課題を乗り越えて、スクスクと

育っています!!



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments
2013/09/09
from はぴ
#- URL
すばらしいですね。
心がジーンときました。そして、私も心が明るくなる記事でした。
うちも、救急搬送で出産し、NICUだったので、私の出産のことを思い出しました。

双子ちゃんのママさまも、ずっとずっと心配された事と思います。
でも、たくさんの人とのネットワークができて、ほんとによかったですね。
きっとママさまも、双子ちゃんも魅力的なんでしょう!

これからも、お二人の成長が楽しみです。

2013/09/10
from レオ
#- URL
はぴさま

いつもあたたかいコメントありがとうございます。
愛されて、心配された子ども達は、いろんな困難を乗り越えてしっかり大きくなっているなぁと思います。

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |