TOP一人であそべるよ! 2歳児子どもの成長の手助けをすることはできても 強制することはできない?

子どもの成長の手助けをすることはできても 強制することはできない?

IMG_1900.jpg

2才になったばかりの☆ちゃんがリグノ積木を重ねて

中心の穴に円柱を入れているところです。



ままごと、ミニチュアの人形やベッド、テーブル、イス等

生活の中で体験したことを、おもちゃを使って再現する

遊びが上手になってきました。

少し前は6か月年上の〇ちゃんの真似っこ遊びを楽しんで

いましたが、今日は誰の真似っこをすることもなく

一人でよく遊んでいました。



「ぞう、いぬ、バナナ、飛行機、帽子、バス、馬

アイス、ケーキ」等の20枚ほどのカードを並べ

ほとんどとることができました。

非言語でのコミニュケーションは上手く

自分の主張はしっかりしていて

理解語はかなり多いです。




愛情のこもった対人関係や視空間的な活動から学習は

はじまる。つまり、物を触ったり、感じたり、持ったり

探したりすることであり、水遊びや砂遊び、ブロックや

積木、パズルや迷路で遊ぶこと、また転がったり

這いまわったり、木登りをするといった身体空間を感じる

活動から始まるのである。



集中して教えることによって子どもたちに技能を強制する

ことはできる。

しかし、それは子どもの未成熟で不適切な神経ネットワーク

を酷使させることになり、自然な成長を阻害するであろう。

(中略)その上、こんな学習にさらすという圧力は

子ども達に生涯づつく情緒的な傷跡を残すことになるだろう。

学習は順番に生じるようにプログラムされており、それを

後押ししてやることは良いが、強制する必要はない。

   ジェーン・ハーリー著「よみがえれ思考力」より抜粋



言葉は他の子と比べると遅い☆ちゃんですが

ママは慌てることもなく、☆ちゃんの成長を

みまもられています。

ママの気持ちが☆ちゃんにも伝わり

☆ちゃんは安心して自分のペースで成長しています。

私達大人は子どもの成長の手助けをすることはできても

強制することはできない
・・・その通りだと思います。





にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |