TOP番外編「昔話の深層」~母親の愛情とは?~

「昔話の深層」~母親の愛情とは?~

河合隼雄さんの「昔話の深層(ユング心理学とグリム童話)」は

母の愛情の裏に隠れた無意識の領域をグリム童話のお話を

例えながらわかり易く書かれています。

改めて、時代を超えて言い伝えられ生き残ってきた昔話の

偉大さを感じます。




神話や昔話などに登場する女性像には、慈悲深くやさいし

母親像と、このトルーデさんのように恐ろしい魔女の姿を

とるもの、二つの傾向があることに気づくのである。

この極端な両面性を、われわれはどう受け止めるべきであろうか。

古代に人間にとって「母」とは不思議なものであった。

母によって子どもが産みだされ、種族が維持される。

母こそ生命の源泉であった。これに対して、父の生殖にあずかる

意味は明確ではなかった。また生命を産みだす現象は、植物が

土から生まれ育ってくることにも認められた。しかも、冬になって

植物が枯れ、土に還ることを考え合わせるならば

土こそは「死と再生」の現象が行われる母体であると

感じられたに違いない。

    (中略)

地母神は同時に生の神であり死の神なのである。

これを示す一例として、日本神話におけるイザナミは、日本の

国を全て産みだした偉大なる母の神であるが

黄泉の国を統治する死の神でもある事実をあげておこう。

かくて母性はその根源において、生と死の両面性を持っている。


つまり、産み育てる肯定的な面と、すべてを呑みこんで死に

至らしめる否定的な面をもつのである。

人間の母親も内的にはこのような傾向をもつものである。

肯定的な面はすぐに了解できるが、否定的な面は、子どもを

抱きしめる力が強すぎるあまり、子どもの自立をさまたげ

結局は子どもを精神的な死に追いやっている状態として

認められる。両者に共通な機能として「包含する」という

ことが考えられるが、これが生につながるときと

死につながるときと両面をもつものである。

河合隼雄氏「昔話の深層(ユング心理学とグリム童話)」より〜





子どもとの関係がギクシャクしたり、上手くいかないとき

子どもに全ての問題を転化してしまうのではなく

自分自身も「母」としての無意識の負の部分を意識すると

少し問題の糸口が見えてくることがあります。

ある時は、大切に保護して育てる時期も必要ですが

子どもは日々心も身体も成長しているので

子どもの成長に合わせた対応が必要になってくるのだと

思います。

身長や体重は計れますが、心の成長は目には見えないし

計れないので、子どもとコミニュケーションをとりながら

親が調整していかなければいけないのかなぁと思います。


いろんな問題を乗り越えながら自立に向かっている我子を前に

少しさびしく不安になる私の気持ちを整理するのに

河合さんの本をピッタリだったように思います。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:番外編
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |