TOPスポンサー広告積木について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:スポンサー広告
TOP積木積木について

積木について

P1010078.jpg


 上の写真はリボンクラブの年長さんが
共同で積木遊びをしているところです。LOVE

積木って昔から子どもの定番のおもちゃなんですが
以外に「積木」のことを知っている人は少ないようです。
10年前の私は子育てする時に「積木って何だ・・・?」
と"ふっ"と考えた時に私の中に固定観念があり
我が子と積木遊びを楽しめませんでした・・・。汗;

子どもたちとのかかわりの中で「積木」の可能性や多面性を
たくさん教えてもらいました。
絵文字名を入力してください
我が子の時「シンプルで質のいい基尺の揃った積木がいいですよ」と
進められ、何一つ積木の知識のなかった私は
進められるがままに2万円近くする積木を子どもの誕生日に
清水の舞台から飛び降りるつもりで購入・・・汗

子どもの年齢は3才と1才。
買ったものの何をどうしていいやら・・・しばらくお蔵入り。
とにかく高い積木を買ったんだから遊ばせなくては!!と思い
子どものいつも目にする所に積木を置いてました。
          目
子どもは積んだり、並べたり、箱から出し入れしたり・・・
あれれれ・・・・私がイメージしていた積木あそびではない???
想像的ではないし、単調で地味な遊び・・・失敗したかな?
半分後悔しました。
orz
 10年たってわかった事は、私が無知で想像力がなかったんだと
いうことに気づかされました・・・。
子どもは積木あそびを通して様々な事を吸収していたようです。
実際積木は想像力を育てるおもちゃでもありますが、
それだけではありません。

星積むこと→手や指先の微細運動の学習
星並べること→秩序の学習
星箱に積木を入れること→形の概念の学習

現在、我が屋の中1と小5子ども達は算数・数学が大好きです。LOVE
我が家の方針は「勉強は学校で教えてもらう」としていたので
親も教えない、塾や教材は小学校6年間は何もせず過ごしました。
(*下の息子は、付録欲しさに3ヶ月通信の教材をとりましたがほとんど  何も手をつけずリタイヤ・・・なんのこっちゃ?!怒)

唯一私がやったことで心当たることは「積木あそび」。バブルキング
(それもただ与えただけ。なんの学習じみたこともしてません。)
その中で数や形の概念を無意識に学んでいたんだと推測しています。
だからなにもつまずく事なく算数を楽しめたのだと思います。
10年たった今「積木さん」に感謝です!!
猿
リボンクラブでも積木は定番のおもちゃです。
子どもの個性や年齢によって積木の遊び方は様々です。
もちろんこちらから年齢に合った提案はしますが
遊び方は子どもが決めます。
のってきて遊びが広がる子
我が道で自分のやりにこだわる子
全く違う遊びをする子
L
一番大切なことは
発達年齢に合った遊びを知っておくこと
子どもに押し付けたり、教え込まないことです。
ひよこ
健康な子どもには発達の道筋があるので、順序を知っておくと
子どもが見えてきてゆっくり待つことができるようになります。
はずかちーv
積木については年齢、遊び方、積木の種類・・・いろいろあるので
今後かいていきます。clover













にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:積木
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。