TOPぼくは1人前! 5歳児小さな要求に応えてもらったら~

小さな要求に応えてもらったら~

ティッシュの箱とゴムとダンボールでギターを作った

5才の◇君。チョーご機嫌で歌いまくってます!

IMG_1362.jpg

その後もペアの子と一緒に電車作りに大ハッスル!!

ドアをつけたり、前方は画用紙を貼って丸みをつけたり

700系のマークを書き入れたり・・・

最後は外に持ち出してキャスター付きの板に乗せて

2人で仲良く試乗して大喜びしていました。

IMG_1363.jpg

まだまだパワーはあります!!

「町を作ろう」と言って道路や線路をつなぎ合わせ

マグタッチでお城を作って飾ります。

IMG_1366.jpg


実は、昨日◇君のママから近況報告のメールを頂き

最近我がままがひどく、すぐに泣いてごねるので

リボンクラブでも荒れるかもしれません…との

ことでした。

ママの心配をよそに◇君は上記の写真のように

イキイキ楽しそうに活動し、とても落ち着いて

工作したり遊んだりしていました。

◇君があまり泣くので、甘やかし過ぎてはいないか?

ストレスが溜まっているのではないか?とママは

心配されていましたが、ママが◇君に気にかけて

一緒に問題を解決したり、次のステップに行きやすい

ような提案したり…小さな要求を満たしてくれたお蔭で

とても落ち着いてきたのだと思われます。

虹色教室の奈緒美先生が書かれている記事をご紹介します。
        ↓
わがまますぎる要求にどう対応すればいいでしょう?

大人は「子どもの要求=わがまま」と考えがちですが

そのことが良かろうが、悪かろうが、子どもには子どもの

言い分があります。

子どもの言葉に耳を傾け、できる要求には付き合って

応えることは大切なことだなぁと思います。



要求に応えることと同時に「ダメなものはダメ」という

大人の毅然とした対応も大事なことです。

真逆のことを言っているようにも取れるかもしれませんが

「ダメなものはダメ」については次回書きたいと思います。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:ぼくは1人前! 5歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments
2013/02/18
from レオ
#- URL
はぴさんへ

コメントありがとうございます。
虹色教室での娘さんの記事読みました。
粘土のお花の話とても素敵ですね☆
2013/02/18
from はぴ
#- URL
とても興味深く読ませて頂きました。次が楽しみです。

うちも、ほんとにいやいやばかりで、うんざりです。

前回の記事、前々回の記事に、すばらしいお子さんの様子が紹介されていて、そのお母様達、きめ細かくお子さんに接してこられたからの今日ですよね。
お母様たちが、どのように接してこられたか、知りたいなあと思っていました。

いやいやの出口。まったく見えないです。


コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |