FC2ブログ
TOPスポンサー広告年長さんの怖いもの?!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:スポンサー広告
TOPもうすぐ小学生 6歳児年長さんの怖いもの?!

年長さんの怖いもの?!

年長児男の子3人の会話を一部紹介します。

同じ幼稚園の2人の会話〜

◇君「△君ドラキッズ習いよらすとばい」

〇君「そうそう!お勉強も英語もしよらすばい」

レオ「そうなんだ。どうして習いよらすと?」

◇君「りっぱな1年生になるためにたい」

レオ「りっぱな1年生になるってどういうこと?」

〇君「ほら!お勉強とかできることたい」

◇君「そうそう!△君きっと立派な1年生にならすよ」


『立派な1年生』・・・きっと2人とも自分も立派な

1年生になりたいんですね~大丈夫!!



3人の会話では~

〇君「オレ怖い夢見るとたいね〜」

☆君、◇君「おれも見る!見る!怖いよね〜」

〇君「オレ嘘ついたことあるとたいね…

        死んだら地獄に行くとかな?」

☆君「そんぐらい大丈夫じゃない?地獄怖すぎやろ!」

◇君「1回くらいいいとじゃない?大丈夫よ」


〇君「オレ怪獣に追いかけられる夢見た。

   怖かったけん!」

☆君「(いろんなストーリがあって~)オレお母ちゃんが

   何人にもなって飛び出してきてびっくりした~

   最後はお母ちゃんが一人になったけどね。」

男の子3人でとても楽しそうにおしゃべり~(笑)


この話の内容を私なりに分析してみると

「死に対する不安」

「小学生になる期待と不安」

「見えないものに対する不安」

この年齢になると、目に見える恐怖だけではなく

目には見えない内面の恐怖や不安がかなり大きくなって

いるような気がしました。

そういう不安が「怖い夢」として表れてくるのかも

しれないなぁと・・・。


内側から湧いてくる不安や恐怖が大きい時に

現実世界で本当の不安や恐怖にさらされてしまうと

心の大きな傷になってしまうのかもしれません・・・。


恐怖や不安の想像力は楽しい想像力とも比例しているようで

大好きな恐竜の話になると、3人ともイキイキと話をはじめ

いろんな想像力を働かせて話が弾んでいました。


人間は「恐怖」に対する想像力は発達しているような

気がします。そういえば、小学校での読み聞かせも

「素話し」をなかなか聞けない子ども達も

「怖い話し」になると「イヤだ!」「キャー!」と

言いつつ案外静かに耳を澄まして聞いていたのを思い出し

ます。



獣や災害や戦い等の危険から身を守ってきた人間の歴史を

考えると「恐怖や不安」は生きるためには無くてなならない

能力?!

それと同時に「恐怖や不安」から身を守る為の想像力を

使って生き延びてきた・・・のかも?

恐怖や不安を煽ることはいけませんが、その想像力を使って

過去や未来へイメージを広げていくこともできます。

私もいろんなことを考えさせられる

年長さんとの会話・・・とても楽しいです






  




にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:もうすぐ小学生 6歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。