TOP一人であそべるよ! 2歳児経験を表現し理解を深める遊び

経験を表現し理解を深める遊び

ママが妊娠中の2歳5ヶ月の☆ちゃんは

「ママこっち!」「ママこっち!」とママを引っ張って遊び

いろんな物に興味があり、目についたものを引っ張りだしたり

積木やビーズをひっくり返し

なかなか集中して遊ぶことができませんでしたが

最近少しずつ☆ちゃんに変化の兆しが見えてきました。

ドールハウスの人形やベッド、トイレ、洗面台、テーブルを

机の上に出してきて、ごっこ遊びを楽しめるようになって

きました。

自分が日常で経験したことをとてもよく記憶していて

遊びの中でそういう言葉がポロポロと出てきます。

「うどん食べる」

「長い滑り台に行く」

「たけざき(水の科学館)に行く」

「炊き込みご飯食べる」

「パパお仕事」

「やずやのくろず見る(TVのCMのこと)」

「トイレに行く」

「シャワーする」

「お風呂に入る」

等々・・・お人形で日常生活の出来事を再現していました。

☆ちゃんは、好奇心が強く

外界のものを吸収したいという欲求が強くあるので

経験したことをとてもよく記憶しています。

どうしたらその経験を表現できるのか?方法がわからずに

ウロウロしたように見えたのかもしれません。



子どもは自分が体験したことを

いろんな物を操作して表現することで

より深く物事を理解できるようになるようです。




今日は午後から日本赤ちゃん学会理事長の小西行郎先生の

お話を聞いてきます。


講演内容は後日ご報告します~



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:一人であそべるよ! 2歳児
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |