TOP幼児教育について4〜5才児の社会性の育ち

4〜5才児の社会性の育ち

兄妹や従妹が少なく安心して気軽に遊べるお友達が

少なくなった子ども達の状況を考慮して

リボンクラブでは少人数という利点を最大限生かして

同年齢と組んでみたり、年上と組んでみたり、年下と組んで

みたりしています。

ペアになる相手によって子ども達は自分の立場を察し

行動を制御している様子が見られます。



5才と4才の男の子ペアの様子です。

IMG_0631.jpg

つい最近までは2人とも自己主張が強く

リボンクラブのときは必ずと言っていいほど

ケンカやおもちゃの取り合い等のトラブルが勃発して

いました。

今回のリボンクラブでは・・・

5才の☆君はちょっと強気に

4才の〇君に指示や命令をしていました。

☆君の言いつけをしっかりと聞いて必死に守ろうと

行動する〇君の行動には驚きました。

☆君が同年代のYトリオで遊ぶときには

そういう指示や命令が通用する時もありますが

全く無視されたり、トラブルの原因になることもあります。

しかし今回は1才年下の〇君が自分の指示や命令を

素直に聞き入れてくれるのに気をよくして

帰る頃にはとてもお兄ちゃんらしく

〇君にやさしい対応をしていました。


☆君の支配的な態度は大人としては気になる

ところかもしれませんが

大人が口で言い聞かせるよりも、お友達同士で

ケンカしたり、無視されたりしながら

どういう態度が受け入れられるのかを学んで

いくのだと思います。


〇君は今はお兄ちゃんと遊びたい一心で、言いつけを

守っていますが、年下の子や同年代の子とペアに

なった時には、同じように支配的な態度になる時期が

くるだとうと思います・・・。

しかし、支配的な態度と言っても悪い面ばかりではなく

将来リーダーシップをとる資質にもつながってきます。

今はまだ、年齢的に相手の立場にたって考えることが

できないので我がままに見えてしまうのですが

数か月後、1年後に相手の立場にたって物事を

考えられるようになってくると

子ども達の関係は大きく変わってきます。


数か月後の子ども達の関係の変化が楽しみです






にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
↑ワンクリックご協力お願いします。m(__)m
カテゴリ:幼児教育について
テーマ:子育て・教育 - ジャンル:学校・教育
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


Trackback

FC2ブログユーザー専用トラックバックURL


| Top Page |